プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス乗り換え事例一覧

2018.06.11

神奈川県川崎市  戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年5月】

リノベーション済み中古住宅を購入した方からのご相談でした。

購入してから2年経つが、ガス代が高いような気がするとご連絡を頂きました。お客様の供給単価を調べてみると、地域相場と比べて高額な設定になっていることが判明しました。

新築を購入された方や中古住宅を購入された方の中には、ガスの配管代や設備費をガス会社が立て替えていて「〇〇年使ってくださいね。」という貸与という契約(無償貸与となっても実際は無償ではない)を結んでしまっている方もいらっしゃいます。この場合、ガス会社も工事費の元を取るために貸与契約期間中の供給単価を、貸付のないお客様と比べて高く設定されている場合が多くあります。

しかし、今回の相談者様が不動産会社と交わした契約書を確認したところ、貸与契約はありませんでした。貸与契約が無いにも関わらず高額な従量単価に設定されていることが分かり大変ご立腹でした。 お客様曰く、「最初は安くしますからという事で契約したからガス料金の事は気にしていなかったけれど、明らかに最初の金額とは違うと思う。どんどん値上がりしていったのかしら」と、かなり不信感を抱いているご様子でした。

合わせて、以前に他サイトで一度お乗り換えについてご相談をされ、格安の金額で紹介されたガス会社がありました。提示された金額はとても魅力的でしたが、過去に訴訟などの裁判になっていた会社だと知り怖くなってしまいその時はお断りをされたそうです。

弊社にご相談頂いた時も、紹介先のガス会社についてかなりご心配をされていました。紹介先ガス会社の特徴や会社HPをお知らせし、ご紹介先ガス会社とお会いした上で判断したいとのご希望でしたので、ガス会社にもお客様のお気持ちを汲んでいただき、ひとまずお会いする段取りを致しました。

その後、ご相談者さまからご連絡があり「営業担当の説明や立ち居振る舞いがとても紳士的で好感がが持てたから、あなたも紹介してくれたガス会社のことも信用して乗り換えするわ」とうれしいお言葉をいただきました。

2018.06.11

神奈川県横須賀市  戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年4月】

ご相談内容
1:ガス料金を安くしたい
2:でも、乗り換えによって不具合などが生じるのは怖い
3:だから、どちらに相談したらよいか分からない
皆様が思うこと全てを凝縮したようなご相談でした。

数回に渡ってお問い合わせと、詳細聞き取りをさせて頂きました。当初の窓口としてご対応頂いた方は、現地にお住まいではない方。ですから、現地にお住まいの方に確認と聞き取りを数回して頂いて、情報に間違いがないかをきちんとお伺いさせていただくことに。

ガスラボとして、ご説明したこと
・既存のガス料金は決して高いわけではない。しかし、ご使用量が多いので、僅かでも単価が安くなれば効果は大きいこと
・安すぎる価格は逆に危険だということ。値上げ前提でも、「今眼の前に見えているお客様を獲得したい」というプロパンガス会社様も、残念ながら実際にあるということ
・既存のガス会社様で気になることと言えば、ガスボンベの会社様とガス料金を支払っていいる会社様が違うということ。ガスボンベの配送を委託しているということになり、安全面でどこまで委託されているかが気になるということ

「他のサイトさんでスタンスが違う会社様もありますので、ご信用に値するとお感じになったらお話をお進め下さい」、とお話した結果、ガスラボでお乗り換えしたいとお決め頂けました。

2018.06.11

プロパンガス乗り換え事例-静岡県裾野市<2018年1月>

以前、弊社にご相談を一度頂いていたお客様からのご連絡でした。その際は大家様の承諾が取れずガス会社のお乗り換えは叶いませんでした。

ガスラボとしてもお力添え出来ず、非常に悔しさが残ったことを憶えています。その後もガス料金が高いなぁ~とのお悩みが消えることはなく、他に入居されているお客様と雑談の中で【ガス代が高い】と同じように思っていたことがわかり、再度大家様にご相談。
「先ずは話だけなら」とご承諾を頂けたと弾んだお声で弊社までご連絡を頂きました。

大家様は今までガス会社の変更を行ったことがありませんでしたので、弊社の様にインターネットで顔の見えない相手と話をする事にも不安がおありでした。本当にガス会社を乗り換えても大丈夫なのか・・・とご心配はごもっともです。精神誠意お話をさせて頂きました。

前回ご相談の際は、不安要素からガス会社お乗り換えのお話しを承諾して頂けませんでしたが、大家様とお話しが出来た事で、実際にお住まいの入居者様がガス代金で毎月お困りだという事実をお伝えしご自身の自宅のガス代金と照らし合わせて頂きました。
大家様のお宅は検針票を確認した所【特別価格】で供給されていました。この価格差に大家様も驚き、入居者様の為にと、快くガス会社のお乗り換えを進めて下さいました。

お乗り換え後はお客様より、「あきらめずにもう一度、ガスラボへ相談して良かった。」と、喜びの声を頂戴しガスラボとしても嬉しく思います。

弊社へのご相談で賃貸物件にお住まいの方は非常に多いです。それは、戸建ての物件よりも賃貸物件の方がガス料金の設定が高いことが多いという影響が考えられます。せっかく気に入って入居したのに、ガス代が高くては台無しですよね。是非この機会にガスラボまでご連絡下さい。

2018.06.11

プロパンガス乗り換え事例-東京都稲城市<2018年2月>

ご両親の購入したご自宅を建て替え、2世帯でご利用。

建て替えの際、お互いの為に家計は別にしましょうと話し合いをして、1つだったガスメーターを2つに変更。それぞれのご家庭でガス料金の支払いをされていました。
しかし家族構成とライフスタイルが変わり、ガスメーターを2つに分けて使用する必要がなくなり今回のご相談となりました。

お客様が、今のガス会社にガスメーターを1つにしたいと相談したそうですが、ガス会社からは数日間何の連絡もなく、お客様から再度お電話をしたときには、【撤去をする場合は工事費用が掛かります、すぐには工事出来ません】と言われてしまったそうです。そこで、ご家族とも話し合い、お金がかかり工事がいつになるのか分からないなら、今すぐにどうこうせずにそのままで良いかなと一旦はそこでこの話を終わりにされたそうです。
この時点でガス会社の対応に疑問が残りますね。お客様からのお申し出を放置しておきながら謝罪もなく挙句お金がかかり工事日は不明・・・ちょっと不親切な対応だと感じました。

お客様のお話しを伺っていくうちにもっと衝撃的な事実が判明。近所の寄り合いでガス料金の話がでて、同じガス会社でほぼ同時期に契約しているのにガス料金がご近所の方よりも高く設定されていたそうです。お客様は、当初話を聞いて下さいと明確なお乗り換えのご意思は御座いませんでしたが、ご近所との料金格差に驚き今のガス会社の対応についても不信感があったことなど、複数の要素が重なりガス会社のお乗り換えを強く希望されるきっかけとなりました。

お電話を頂いたのは奥様。数年間、使用していないガス配管の状態も気になるしと色々と心配で・・・と仰っていました。

お客様が大変ご心配をされていますので、素早く対応してくれるガス会社を探しご紹介出来る様に致しました。
物件の所有者様であるご主人様に最終的な確認が必要でしたが、ご相談者である奥様がご家族にきちんとお話をされ情報共有を行ってくださったので、ご主人様にご説明させていただく際もご紹介先ガス会社についてのご安易案がスムーズに行えました。