プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス乗り換え事例一覧

2018.03.30

プロパンガス乗り換え事例-神奈川県座間市<2017年10月>

新築で購入後、24年経過の一戸建住宅にお住まいの奥様からご相談。
最初は、ガスのお乗り換えの事よりも、給湯器の交換工事につての話から始まりました。約12年前に給湯器が故障し、その時は契約中のガス会社に交換工事を依頼しました。工事終了後、請求金額を見てビックリ!!かなり高い金額で後悔した経験があるとお話しされていました。

現在、2台目の給湯器が不調(温度調節がうまくできない)不便を強いられているが、過去のことが有るので慎重に検討したいと思っていたが、追い打ちをかけるように、今のガス会社から『50円値上げ』の通知・・・これは、早めに何とかしないといけないと調べているうちに弊社のサイトにたどり着き、お乗り換えと一緒に給湯器の交換工事も安価でできないか相談してみようと思われたそうです。
過去のことがありますから、ご自身で事前に、給湯器の値段を調べたり、他社に問い合わせたりし相場を調べていらっしゃいました。【この金額なら給湯器を買う】と購入のラインを決め本格的にお乗換えの相談に至りました。

但し、インターネットでの購入には、注意が必要です。【これがいい】と思われた機種が、はたして、ご自身のお宅に設置可能かどうか?という事です。一概に、給湯器と言っても設置方法や設置場所が同じではありません。ガスの使用用途に合わない給湯器を購入してしまうと、湯量が足りなくなってしまったり、最悪は、設置出来ない・・・何ていう事態になることも・・・本来は、信頼のおけるガス会社か専門業者に現場を見てもらい購入するのが失敗がなく、あとあと何かあっても責任を持って対処してくれるので安心ですよね。

ガス器具の交換には、資格のあるものが行わなくてはいけません。もし、間、購入を決めようか迷ってる方がいらっしゃったら、その辺もよ~く注意して確認したほうが良いですね!!

2018.03.29

プロパンガス乗り換え事例-埼玉県八潮市<2017年12月>

弊社スタッフの親族になります。ガスはあまり使わないようにしていたが、毎年冬になると料金が高いのがネックだった。でも、プロパンとは本来高いものと思っていたので、指摘されるまで気付かなかった。10年前、家を新築する前は賃貸アパートに住んでいました。
その時に使っていたガス会社が地域密着型の小さい会社で『ガス料金は高いがプロパンだし、そういうものだろう』と大して疑問に思わず使い続けていたそうです。当時は乗り換えという選択肢自体頭の片隅にもなかったとのこと。
その後、家を新築する事になり、都市ガスにしたいと思ったが、新しい家の近くには都市ガスの本管がきていないことが分かり、都市ガスは断念。プロパンガス会社もどこの会社がいいのか分からない。
当時はネット検索して調べるという考えにも至らなかった。
そんな時に特に今のガス会社に大きな不満があるわけではなかったので、検針をしに来た方にこれから家を新築することを伝えると、その日の午後には、社長が直接自宅に赴き「新築の家のガスは是非ウチでやらせて下さい」という話になり、お願いしたという経緯がありました。そして、年齢的にそろそろ年金を使うことを考えると固定費を抑えることも念頭に置かなくてはと思った矢先に値上げの通知がきたこと。
弊社スタッフに検針票を見せた際に従量単価がとても高かったことが判明したこと。この2点が乗り換えのきっかけだったそうです。 乗り換え先は大手の会社であることも安心したと後に話していました。

2018.03.29

プロパンガス乗り換え事例-栃木県小山市<2017年5月>

お客様メリット:新規店舗で何も分からないところから、経験豊富な大手ガス会社様に相談にのってもらえたこと。ご自身のご要望を最大限具体化できた。
「新しく自分の土地に店舗兼事務所を立てたい。どんなレイアウトでどんな店舗にするかも決まっていない。0から相談にのってもらうのは、どういう会社さんに相談したら良いんだろう?」とのご相談から始まりました。「都市ガスも検討しているんだが、どうなんでしょう?」ともご質問がありました。 ・都市ガスとプロパンガスはそもそも中身自体が違うこと ・都市ガスは都市ガス会社さんが本管を近くまで引いて頂けているのであれば、工事代金を大幅に抑えることが出来る。

しかし、近くまで引いて頂けていないのであれば、個人で引くのは難しいこと。 ・どんなお店でどれだけのキッチンスペース、何台のコンロやガス消耗器具、そのためにどれだけのガスボンベを置く場所が必要か、きちんと計画を立てなくてはいけない。 (ガスの保安安全法令や消防法などに引っかかってしまう可能性があるため) 以上の内容をご説明させて頂きました。

ガスラボには、ガスの国家資格を各種持っているスタッフが、複数社内に常駐しております。 正直、ガスラボスタッフは現場のガス会社様に、現場経験値面では到底敵いません。
ポイントとしては、様々な物件を手掛けた経験値を持ったガス会社様にご依頼することでした。 こちらはご紹介から約半年かかっての大掛かりな案件になりましたが、無事お客様のご要望に合った物件に仕上がったと聞いております。

2018.03.27

プロパンガス乗り換え事例-群馬県藤岡市<2017年8月>

「新築を買って10年経ったのだけれども、そろそろガス会社を変えてもいいかなと思って」という最初のご相談でした。
購入時の重要事項説明内のごガス会社さんとの契約についても、きちんと把握してらっしゃる方でしたので、お話が進むのは早かったです。
ガスラボがお話したこと、
1:残金(解約時違約金)がいくらある計算になるのか

2:現在の設定料金から、乗り換えした方がメリットが出るのか

3:残金とメリットの兼ね合いで、だれがその金額を持った方が良いのか

こちらの流れでした。
お客様からのご申告だと10年経ったから・・・という事ですが、契約としては15年契約の20万円前後のご契約が多いです。
また、給湯器などの設備と配管の代金は10年契約と15年契約など、別々の減価償却で契約されていることも多いです。お手元に契約書がなかったため、「契約残金があった場合、新ガス会社様に契約の引継ぎをお願いした場合の供給条件はいくらになります」、「契約残金がなかった場合の供給条件はいくらになります。」とお話をさせて頂きました。
まずは契約残金をお客様がきちんとお支払いする予定でお話を進めて、紹介先ガス会社さんもこのような状況を分かっていた上で、違約金があった場合のご対処も可能な大手様をご紹介させて頂きました。 月々のご使用量が多いお客様なので、結果として月に¥4,000も安くなるガスのお乗り換えとなりました。
年間¥30,000以上の節約が見込めるとあり、「もっと早く乗り換えたほうが良かったの?」と疑問さえ出てしまったようです。