プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス乗り換え事例一覧

2018.06.11

プロパンガス乗り換え事例-静岡県沼津市<2018年2月>

自宅敷地内に新たに会社事務所を移転する予定。

今までは、湯沸かし器だけの使用だった為ガス料金も毎月2,000円~4,000円位の請求だったとの事です。
新事務所では、従業員数も増え簡易的に宿泊出来る設備を整えたいとの事で、宿泊される方のために給湯器(シャワー室)とガスコンロが置けるミニキッチンの設備をご希望でした。

湯沸かし器だけの使用でも2,000円~4,000円の請求金額ですので、給湯器やガスコンロを新設した場合にどれだけの請求になるのかと、とても心配されておりました。

お乗り換えをするにあたり、寒い時期なので全ての工事を早く出来る会社・ガス料金だけでなく対応等についても納得のいくガス会社にお願いをしたいと、ご希望を伺いました。

今回は、新規にガス器具販売とガス工事が必要になりますので、両方を一緒に出来るガス会社様をお探し致しました。
ガス会社様にはお値段的にも工事日程の短縮についてもかなり頑張って頂きました。

お打合せにも迅速にご対応して下さるガス会社でしたのでご商談もスムーズにできたそうです。お客様にもご安心いただけました。これから長くお付き合いをされるのですからガス会社の対応はとても大切ですね。

2018.06.11

プロパンガス乗り換え事例-東京都羽村市<2018年2月>

賃貸の為、今まで毎月ガス料金の請求が来るたびに憂鬱な気分になっていたそうです。

節約しても一向に安くならないと頭を悩まされていた時に弊社のホームページを見つけもしかしたら・・・と大家様へアタック。
大家様よりガス会社を変更していただく許可が下りたとご連絡を頂きご相談がスタート致しました。

弊社のホームページを事前にご覧頂いたとの事でお電話を頂戴した時には既に大家様に掛け合い許可まで取って下さっていましたので、お話しはスムーズに進みました。
弊社へご相談頂く中には賃貸物件の方が多くいらっしゃいますが、大家様の承諾をいただくことが出来ずにお乗り換えが出来なかった事例が残念ながらございます。今回はご相談者様のお話しを聞いて下さる良い大家様で問題なく承諾が頂けたという事なので、一生懸命お客様と大家様のご要望に合うガス会社をお探しさせていただきました。

ガス会社を紹介させていただくタイミングで、大家様より「他のサイトではガス会社の紹介を格安でやると言ってるがどうなのか?」とのお話しがございました。
内容をお伺いしたところ200円台の激安な価格でのご紹介。もちろんガス料金が安いに越したとことはないですが、お乗り換え当初だけ格安(値上げ前提の価格)だとすれば、せっかくお乗り換えしても無駄になってしまいます。

大家様には、ガス会社各社が昨年秋口以降に値上げ傾向にあった話をお伝えし、その様な状況下で激安な価格は長く続けられないでしょうとご説明いたしました。

余談ですが、スーパーで毎日特売、特価での販売では利益が取れず潰れてしまいますよね・・・今回の大家様は、入居者様の声に耳を傾けて下さり、ご自身でも色々とお調べし最終的には弊社からお乗り換えをされるとご決心頂きました。

2018.06.11

プロパンガス乗り換え事例-東京都多摩市<2018年2月>

今回の案件は、とても慎重な奥様からのご相談でした。インターネットで顔が見えないからと匿名に近い状態でのご相談からスタート。確かに、お会いして直接お話しをすることができないので不安ですよね。弊社のお乗り換えまでの手順やお聞きしなければ、ご紹介出来るガス会社があるかどうか選定が出来ないことなどをお伝えし一旦終了しました。

お客様の個人情報を伺う理由

・ご住所を確認
プロパンガス(LPガス)は危険物の為、お客様のご要望でどこのガス会社でもご紹介が可能というわけではないのです。法律で定められている【保安】という面で、緊急時に駆け付けられる距離・時間などを確認しないといけないのです。逆に、ライフラインとして一番大切な【保安】という部分をないがしろにするようなガス会社でしたら弊社もご紹介が出来ません。

・現在のガス会社名とガスボンベに記載の会社名を確認
お引き受け先ガス会社を選定するにあたり、ガス会社同士が取引関係にある場合などは引き受けてくれません。ガスボンベの名称はガス会社と同一名が記載されているとは限りません。配送を委託している場合、その部分も踏まえてガス会社をお探しする必要があります。

・契約書の有無確認(契約年数記載の貸与契約等)
新築で建売住宅の場合はほぼ100%契約が存在しています。物件売買の重要事項説明書に記載されている場合やガス開栓の供給開始時点検の際にガス会社と直接契約を締結している場合があるので、確認をお願いしております。

契約書がある場合、お客様の都合で契約を解除することになるので、違約金の請求をされる場合があります。契約書の有無を事前に確認しておけば安心してお乗り換えできます。 又、残存価格が存在した場合でもご相談に乗って下さる会社もあります。

・ガスの使用量や請求金額(基本料金・従量単価)
ご紹介先ガス会社にとっては、お客様の使用量はとても大切です。使用量が多いお客様であれば年間の収益も見込めますので、交渉材料として有効です。安価でご紹介出来る可能性が高くなりますね。

2018.06.11

茨城県取手市  戸建住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年4月】

ご親戚の方よりガス会社を紹介されお乗り換えをされたそうです。最近になってガス料金が高くなっているのではないかとご相談がありました。

ご親戚の方は店舗でガスを利用していて、「ここのガス会社はガス代を安くしてくれるし、紹介なら親戚価格でやってくれるからガス会社かえてみなよ」と、お勧めされ契約をしたそうです。しかし、安いなと感じたのは最初の半年くらいとの事。あまり安くないと感じてはいたそうですが、紹介でお乗り換えをされた経緯があるので我慢されていたそうです。又、知らないうちに値上げされている気がすることも気がかりだと。

プロパンガス会社は2部料金制度を利用している会社が多く、ガスを使っていなくても毎月掛かる「基本料金」と、ガスを使用した分だけ掛かる「従量料金」の合計で請求が来ます。今回の相談者様の場合は親戚価格という事で、基本料金が0円の設定になっていました。これだけ聞いてしまうと、とってもお得で、お安いガス会社と思いがちですよね。ですが、考えてみてください。もし、1㎥当たりの従量単価が地域の相場と比べてかなり割高に設定されていたら、果たして本当にお得なのでしょうか?

ご親戚の方はお店経営されているので安価な【従量単価】だけの契約でメリットが出ますし毎月ガスを1㎥とか2㎥とか比較的少ない方の場合はメリットだと言えますが、ご相談者様のように1年を通してガスの使用量が多いお客様の場合は決してお得ではありません。基本料金を支払っても従量単価の安いガス会社の方がメリットの出るライフスタイルでした。そのため、親戚の方にもガスの使用用途が違うため契約の価格に違いがある事、などをきちんとお話をしてお乗り換えのお話しを進めることになりました。