プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.05.20
LPガス ガス ガスボンベ ガス会社 プロパン プロパンガス メリット 価格 料金 節約 自由料金 適正料金

プロパンガス(LPガス)料金の相場価格の考え方とは?

経済産業省の諮問機関になります。
正式名称は「日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」です。
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター

・LPガス相場価格の調査手法
各都道府県のプロパンガス会社にアンケート形式で基本料金と従量単価の聞き取りを行う

・調査期間と公表の時期
偶数月の調査結果を翌偶数月にデータ形式で公表する。
(例)2018年2月の調査結果を2018年4月に公表する。

・問題点
1:アンケート形式なので、相場価格としてはあくまで目安となる
2:アンケート形式なので、値崩れを防ぐために高めの価格回答をするプロパンガス会社様も多い
3:プロパンガス(LPガス)料金を回答した会社、しなかった会社の詳細は発表されない

広く公表されている価格として、ガスラボでも参考にさせて頂いております。しかし、「問題点」を見て頂ければお分かりのように、あくまで目安とする程度が良いでしょう。

2018.05.12
LPガス ガスボンベ ガス会社 プロパン プロパンガス 価格 料金 節約 自由料金 適正料金

プロパンガスの会社は変更できる?ガス代節約に繋げよう

最初からガス会社は決まっていて、変更できないと思い込んでいませんか?プロパンガス会社は、都市ガスと違い全国で何万社もあります。料金の安い会社を選んで自由に変更することができるのです。
このことを知らずに、ずっと同じ会社のプロパンガスを利用している方は多いのではないでしょうか。

自由にプロパンガス会社を変更できることはできるのですが、契約変更のためには、地域相場をきちんと把握したり、「無償貸与」の条件を理解したり、配管設備の所有権を確認する必要があったり、と乗り越えなければならない壁が存在します。

  プロパンガス会社変更のメリット
プロパンガス会社を変更することで、今までのガス料金が格段に安くなる可能性があります。ガスの料金は水道代や電気代、都市ガスなどの公共料金とは違い、決まりなどがなく会社によって大きく異なるのです。

会社によって大きく値幅があれば、それだけ毎月のガス代を安くできるということです。そのため、安くて安心できるプロパンガス会社を選ぶことがポイントになります。
しかし、なかには悪徳業者のようなプロパンガス会社も存在するので、安いからと言って安易に乗り換えることはおすすめできません。

2018.05.12
LPガス ガス プロパン プロパンガス 価格 料金 節約 自由料金 適正料金

みんなのガス代はどれくらい?

一口に光熱費と言っても、季節によって金額は変わります。
例えば、冬は暖を取るためにガス・電気を使います。しかし、夏は涼しく過ごすために電気を多く使うことでしょう。水道はご自宅の状況によって、夏でも冬でも使う可能性があります。

夏と冬でそれぞれ出してみると、
【2人以上のお宅の場合 全国平均】
2017年7月 ¥17,449
2017年2月 ¥26,787
縦に長い日本、全国でも四季や地方によってばらつきがありますが、夏と冬でも約¥9,000もの光熱費の開きがあるようです。

全国平均 光熱・水道 世帯人数 1人世帯 2名世帯
2017/07 17449円 2.98人 5855円 11711円
2017/02 26787円 2.98人 8989円 17979円


更に世帯人数を加味してみると、
【2人世帯 全国平均】
2017年7月 ¥11,711
2017年2月 ¥17,979
2人世帯でも季節によって約¥6,000の差が出ます。

こちらを見て頂いている方は、関東・関西・中京地方の都市部の方が比較的多いと想定されます。都市部の方は、もっと安くなる傾向にはあるでしょう。
理由として、
1:公共料金である都市ガスが流通している割合が高い
2:人工集中部の大都市圏はプロパンガス会社の競争も激しい
3:電気や都市ガスの乗り換え先が多く、恩恵を受けやすいのは都市圏
以上の理由が挙げられます。
逆に、地方に行けば行くほど逆の傾向が顕著になります。

つまり、平均と言っても平均の方はそんなに多くなく、【安い】か【高い】かの両極端化が進んでいることが想定できます。
参考:総務省統計局

2018.05.11
ガス ガスの知識 料金 相談 適正料金

家計をお助け!できることから始めるガス代節約術

毎月のガス代をきちんと把握しているでしょうか。通帳から引き落としにしていると、そのまま何となく支払ってしまいますが、いくら支払っているのか知ることで、節約しようという気持ちに繋がりやすくなります。

まずは請求書や通帳などを毎月確認して、ガス代がいくらかかっているのか調べましょう。その行為だけで、ガス代を見直すきっかけとなるはずです。

  プロパンガスの適正な価格(実取引価格)を調べる
ガスには都市ガスとプロパンガスがあります。自宅で使っているガスがどちらのタイプがご存じでしょうか。プロパンガスであれば、ガスボンベが家に設置してあります。
都市ガスは公共料金なので選ぶことはできませんが、プロパンガスだと会社が複数あり、自由に選ぶことができます。ガス代が高いと感じるのであれば、他の安いプロパンガス会社へ変更することを検討して良いでしょう。

しかし、お住まいの地域の相場価格や適正な料金(実取引価格)をあらかじめ調べておく必要があります。適正な料金(実取引価格)よりも異常に低い金額だと悪徳業者の可能性が高いからです。