プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

未分類 LPガス 災害 防災
2018.03.12

あれから7年 3.11を迎えていま想うこと

2011年(平成23年)3月11日 午後2:48 その時・・・
マグニチュード8.8という大きな揺れが始まり各地で甚大な被害を出した【東日本大震災】は起きた。

参照:3.11震災・復興ニュース特集 朝日新聞DIGITAL

 

 

目次

2011年(平成23年)3月11日に起きたこと

2011年(平成23年)3月11日 午後2:48【東日本大震災】は起きた。

朝、TVを付けるとニュースでこの話題。
震災の起きた日、私は職場にいた。ものすごく長い揺れと恐怖で動けなくなった。時間が経つにつれ被害が甚大であることがわかったが、何も手につかなかった。当然、家族の安否確認も出来ず確認が取れたのはその日の夜遅くだった。目の前で起きていることが信じられず胸が苦しくなったことだけは今でも鮮明に覚えている。あの日以来、大雨が降り川の水かさが増し大きな音を立てて流れていると、足をすくわれるような気がして近づくことができない。

誰かが言った。「記憶は風化させても良いが、記録は風化させてはならない」と、この言葉は、経験した人だからこそ言える言葉なのだろう。大切な家族や友人を失った悲しみは、生涯消えることはない。しかし、そのことばかりを考えていては前に進むための一歩を踏み出せない。だからこそ、つらい記憶は心の片隅にそっと置いても良いのかもしれない。

TVのアナウンサーが、今まで縁のなかった東北地方へ震災をきっかけに現状を伝えるべく足を踏み入れてから、毎年訪れているとか・・・これも【縁】
はじめは、現場の状況を多くの視聴者に伝えることと、被害にあった方々を励ますつもりでいたそうだ。時が経つにつれ、いつしか自分が元気をもらって帰ってくるようになったと話をしていた。

支援とは、目に見えるものだけでなく、足を運ぶ・地元の方々と交流しその土地のものを購入する、食事をすることでも支援になるのだ。

つらい現状や、惨状を目の当たりにするのはつらいことかも知れない。だが、いまなお、その土地で暮らし、必死で生きている人達がいるのだから目をそらさずに向き合っていきたい。

明るいニュースも聞こえてきた、福島県相馬市の松川浦漁港では3月5日(月)の朝、震災後、途絶えていた【青のり】の出荷が再開された。7年ぶり東京電力福島第一原発事故による汚染も懸念されたが、収穫ごとに放射性物質を検査し基準をクリアしたものが出荷される。出荷量は震災前の10分の一。
震災前にあった養殖棚は津波により全て流され、残ったのは途方に暮れるほどの瓦礫の山。

瓦礫の撤去に3年、そこから養殖棚を再建し4年目の初出荷。しかし、養殖棚は1500棚。まだ、震災前と同じとはいかない。相馬の青のりは、色も香りも良いのが特徴。是非とも食してみたいものだ。

朝日新聞DIGITALに【東日本大震災7年 3.11 震災・復興】と題した記事を見つけた。

その中に【いま東北へ】と題した記事であれから7年。被災地に訪れた人の数だけ、魅力と思いがある。東北へいこうと書いてあった。被災地には、新しいふるさとが次々と生まれ、商業施設や民家、災害公営住宅などが建設され、日常が戻ってきた。復興への思いから、新たな名物や名所もできている。

東京都の東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、【2020年。東京と東北で会いましょう】と題し、映像を制作した。本編の音声は日本語・英語 字幕/日本語・英語・フランス語・ポルトガル語。各県版の音声/日本語 字幕/日本語で製作された。出演者は、ソフトボール選手・上野由岐子選手、車いすテニス・国枝慎吾選手のほか、岩手県・宮城県・福島県の方々。

又、スポーツの力で被災地に元気が届く様「1000㎞縦断リレー」や「スポーツ綱領」などの事業を行っている。日本だけでなく世界中の多くの人々が東北を訪れるきっかけになればとの思いからだ。

被災地出身、ゆかりのある有名人など、自らの身銭を切って復興支援を続けている人もいる。

名声を利用して(売名行為)と陰口をたたかれても今なお支援を続けているのは、【売名行為】などというちっぽけな思いではなく、心ある支援なのだろうと素直に受け止めたい。

まとめ

災害は、いつやってくるか分からない。もしもに備えて準備をしておこう。

2011年3月11日に発生した東日本大震災で、大きな被害を受けたが、岩手県・宮城県・福島県では、津波で建物が流されたり、破壊されてしまったものを除いて、4月21日(約40日)に全面復旧した。一方、都市ガスは、全面復旧まで約50日を要した。ちなみに、電気は復旧までに約100日。
2016年4月14日に発生した熊本地震では、都市ガスは、全面復旧まで約2週間かかったが、プロパンガス(LPガス)は、一切供給ストップは起こらなかった。

プロパンガス(LPガス)は、家ごとにガスを充填(じゅうてん)した容器や設備のため、個別に安全確認が出来れば、すぐに復帰が可能。配管の長さが短く、損傷した箇所があっても、すぐに修理できる点も災害に強い理由。道路が陥没するなどの被害が生じ、一時的に配送がストップする事態になっても、50㎏の容器が2本設置してある家庭で、1本の容器に半分程度プロパンガス(LPガス)が残っていれば、約1ヶ月位は使用し続けることができる点は、優れたエネルギー源だと言えるだろう。

東日本大震災では、震災から2か月で、2万7200戸の仮設住宅が建設されプロパンガス(LPガス)が設置された。
避難所での炊き出しなどでも、同様にプロパンガス(LPガス)が用いられ活躍した。日々の生活に必要なエネルギー源は、生活環境や、家庭環境によって選択肢は様々である。ここでは、プロパンガス(LPガス)が、地球にとってやさしいクリーンなエネルギーであることと、災害時に強いのがプロパンガス(LPガス)の特徴であるということは知っておいて損はないだろう。

残されたものとして、起きてしまったことを嘆き悲しむばかりではなく、前を向いて、悔いのない人生だったと思える道を歩いていきたい。

トピックス

「地域に育てられ、地域にご奉仕する」企業を目指す関彰商事株式会社(本社・下館、つくば)のグループ各社と社員が参加し2018年6月10日に開催される「第69回全国植樹祭 ふくしま2018」への協賛・支援の一貫として3月11日(日)に福島県南相馬市原町区雫(しどけ)の植樹祭会場に隣接する全国植樹祭支援の森で、震災復興と環境緑化推進を目的に企業植樹を実施した。植樹活動には社員73名が参加し、海岸防災林として250本のクロマツを震災復興の願いを込めながら植樹した。この会社では、平成11年から【セキショウふれあい基金】として身近な社会福祉活動への援助を目的に各団体へ寄付をしているとのこと。継続は力なり、素晴らしい活動が今後も続くことを願っている。

参照「第69回全国植樹祭-ふくしま2018」企業植樹活動ニュース

参照:第69回全国植樹祭ふくしま2018

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00