プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 節約の知識 節約の裏技 LPガス がすこんろ ガスラボ プロパン プロパンガス 料金 節約 給湯器
2018.03.21

プロパンガス代を節約すると家計効果が絶大!今すぐ出来るガス代節約術3つを行ってますか?

「光熱費の節約方法」、本当に基本的なポイントをおさえているでしょうか?

結論から述べます。
「全く変わらず使ったまま自動的に節約になる、ガス会社のお乗り換えが一番の節約である」、ということ。
気を使う様な節約は大変だし、我慢も長く続きません。お乗り換え出来る環境があるならば、まず聞いてみるべきでしょう。
「やることはやったよ」とか、「乗り換えを出来る環境にはないんだ・・」という方のご参考になれば嬉しいです。

毎月家計で決まってかかる出費はいくつかあります。
趣味が多い方は色々と出費が増えてしまうことがありますが、どのご家庭でも固定でかかってしまう費用は大体決まっています。

【ほぼ必ずかかるもの】
・家賃(ローン) ・食費 ・光熱費 など。

【家庭環境によってかかるもの】
・携帯電話料金 ・学費 ・車(ローン) ・交際費 ・服飾費 ・保険 など。

ほぼかかってしまう費用のうち、
「家賃・ローン」は借り替えなどで節約する方法があります。
「食費」はお弁当持参するなど外食を減らす、安いお店で食材を買う、などで節約していることでしょう。
「光熱費」は電気・ガス・水道の使用量節約はいつもしているよ、という方も多いのではないでしょうか。

参考:総務省統計局 2017年家計調査報告

光熱費は相関関係にあります。
例えば、お湯を多く使えば水道量も増えます。
ガスストーブを使えばエアコンの使用頻度は下がるでしょう。

私達ガスラボはプロパンガスの専門家です。ここでは、正しいプロパンガスの節約方法と基本知識をご説明していきます。
ご理解頂けたら、光熱費全体の節約に繋がることでしょう。

読む前に、「ガス代が2~30%も安くなるなんて宣伝でしょう?」と思った方は、こちらから試してみて下さい。

目次

基本知識1 プロパンガスを一番使うのはお風呂というのは今も昔も変わらない

ガスを使う最大の理由は「暖を取ること」だから、給湯が一番のポイントです。つまり、お風呂でのガス使用量の影響が一番大きいわけです。
これにはもうひとつ重要なポイントがあり、同時に必ず水道も使います。水と熱(ガスエネルギー)が組み合わさったものがお湯になりますからね。 プロパンガスと水道合わせて、光熱費を上げる大きな要因になります。

2つ代表例を挙げてみましょう。

1:シャワーを15分間出し続けると、浴槽1杯分のお湯と同じガスを使うことになる。

以前からよく言われるお話ですから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。もちろん、機器の性能向上によって、一昔よりガスも水道も使う量は減っているはずです。

プロパンガスのエコジョーズ(高効率タイプ)の普及により、ガス使用量は約15%以上減らせるようになりました。
参考:株式会社パロマ エコジョーズってなに?

水道についても、多くのメーカーさんより多種多様な節水シャワーノズルなどが発売されています。
各社様々な節水効果をうたっていますが、30%~60%の節水効果のものが多いようですよ。
参考:TOTOシャワーヘッド


・シャワーを出しっぱなしにしない。
・水道も意識して節約してみる。

これだけで、給湯に関するプロパンガス使用量は15%以上節約が確実に見込めるわけです。


2:お風呂に入るときは家族が連続で入るようにする
下がった水温を暖めるのにプロパンガスは多く消費されます。
暖かいお風呂に入るにも、徐々に湯温は下がりますよね。
42度の湯温設定にしていた場合、
5度の水を42度まで上げるより、20度の水を42度まで上げた方が熱量を使わなくて済むでしょう。

水をお湯にするには、プロパンガスを燃焼させてエネルギーとして湯温を上げるわけです。
もうお分かりですよね?湯温とお風呂室温が下がらない内に入ってしまえば、この差が小さくて済むわけです。

・お風呂の温度が下がらない内に続けて入浴を済ませてしまう。

この2つだけで「プロパンガス使用量」と「水道使用量」も、間違いなく節約になります。


【番外編・裏技】
お風呂のふたを変えるだけでも効果はあるようです。
参考:経済産業省 資源エネルギー庁 風呂・トイレ

アルミシートをふたと一緒に活用する、厚手のふたに買い換える、これにより浴槽の保温効果は高まります。プロパンガスの使用量も減るわけですね。
併せてご検討されてはいかがでしょうか。

基本知識2 ガスコンロも使い方によってはガス消費量が変わる

1でプロパンガスと給湯器についてご理解頂けたら、こちらは少し応用編です。
・「暖める」というエネルギーを作るために、プロパンガスを消費する。
・冷めている度合い(温度)により、暖めるためのエネルギー量が変わるため、冷めないように工夫する。
この基本は変わりません。

・圧力鍋を使って煮込み時間を短縮する。
・水量を多く使う料理は、給湯器のお湯を使って沸かす。
・ふたを使う。
・強火より中火の方が熱効率、節約共に効果が大きい。
・コンロの口がいくつかある場合、1箇所を使い続ける。(約3%節約になる)
・(洗ったあとなど)水滴が付いていない鍋、フライパンを使用する。

箇条書きにしましたが、よく言われているガス代節約術の一覧になります。ただし残念なことに、それぞれの項目の節約割合はそんなに大きくありません。
何故ならプロパンガスの使用箇所は、
「給湯が7~80%、コンロが2~30%」と言われているからです。
つまり、上記の項目を平行して行うことではじめて効果が感じられるでしょう。

【番外編・裏技】
キッチンの給湯に気をつけてみましょう。
・洗い物はまとめて洗い流し、お湯を使う時間を短くする。
・お湯を流しっぱなしで洗い物をしない。
・水を使うタイプの節水型食洗機でまとめて洗う。
洗い物でも節約を意識して行えば、更にガス代節約の効果は出やすくなるはずです。

基本知識3 ガスストーブ・床暖房・ガス乾燥機をお使いの方は特に要注意!

ガスストーブ・床暖房・ガス乾燥機は非常にガス使用量が多いのが特徴です。
でもメリットが大きいのも特徴になります。

【ガスストーブ】
メリット:室温の暖まるまでの時間的が非常に早いです。
デメリット:ガス使用量が多くなり、コストパフォーマンスが悪い
・エアコンだと暖まるまで時間がかかることが多く、また、特にお部屋の下のほうが暖まるまで時間がかかる。
それに対して、ガスストーブは優位性があります。エアコンの多くがお部屋の上部に付いていて、ガスストーブはお部屋の床面で使用することも、大きな理由でしょう。

【床暖房】
メリット:室温が暖まるのが早いです。床面から室温を温めるため、ガスストーブよりお部屋全体の温度上昇力は強い。部屋の空気を汚さないというのも大きな利点です。
デメリット:ガス使用量が多くなる。温まって維持する分には良いのだが、暑いと思っても切っても温度が下がるには少し時間がかかる。
・暖まるということに関しては、最強クラスのガス器具です。女性で足元が寒くて、「台所やオフィスでは足元にストーブを置いています」という方も多いのではないでしょうか?お部屋全体を暖めて、足元から暖かくなるため、足元ストーブはいりません。

【ガス乾燥機】
メリット:洗濯物がふわっふわになります。着心地も最高で、ニットなどでもクシャッとなりにくい。
デメリット:一回の乾燥でのコストパフォーマンスが悪い。
・ガスラボ五十嵐個人では、本当にオススメ器具です。今でもよく使われているところとして、「コインランドリー」があります。コインランドリーでは大容量の洗濯物を乾かす必要があるため、プロパンガスのガス乾燥機をあえて使っている店舗が非常に多いです。


全てに関して言えるデメリットは「プロパンガスはコストパフォーマンスが悪い」ことではないでしょうか。これは使い方によります。

1空気を温めるタイプの器具の使い方
・ガスストーブと床暖房を使う際には、室温が安定してきたらエアコンに切り替えます。
継続して使うからコストが上がるわけなので、「瞬間火力はガス」と「維持はエアコン」という風に特徴を理解した上で、使えば節約になります。

2ガス乾燥機の使い方
・ガス乾燥機を使う必要があるものと自然乾燥で良いものを理解して使い分けましょう。
ニット、上着、バスタオル、はガス乾燥機で。その他は天日干しにするなど、使い分けが重要になります。

ガスを使う量が増えれば電気の使用量が減ります。逆に、電気の使用量が増えればガスの使用箇所が減ります。
従って、【エネルギーは相関関係】です。
ここまで読んで頂いた方は、冒頭に私が述べた文言がだいぶイメージできてきたのではないでしょうか。

同時に、得意分野とそうでない分野がエネルギーによって違いがあるのも、ご理解いただけたのではないでしょうか。 空気を暖める分野ではどちらのエネルギーも行うことは可能ですが、特性を知っておき使い分けて節約して下さい。

まとめ 

ここで挙げた節約方法を全て行った場合、何も節約を意識しなかった場合と比べると、プロパンガスの使用量は20~30%程度減っているはずです。
つまり、プロパンガスお支払い料金も使用量に近い割合で節約出来ていることでしょう。

しかし、「もう当たり前のように節約しているよ」とか、「家の都合があって出来ないことってあるじゃない?」などのお声をガスラボへのご相談者様からも頂きます。
仰る通り、お仕事のご都合・お子様が小さい・遅くまでお風呂の音を立てられない、そんなご家庭の【節約出来ないご事情】は私達にもよくわかります。

だからガスラボは
「節約も必要ですが、そもそものプロパンガス料金契約を見直しませんか?」
とご紹介のお手伝いを始めました。

ここまでの節約術を頑張って、30%のプロパンガス使用量を減らすことにチャレンジしています。
しかし、プロパンガスの単価を30%以上下げられた方は、お乗り換えご紹介したご相談者様のうち、約半数もいらっしゃいます。

この事実知ったとき、ここまで読み進めて頂いた方は、最初に何をしてみたら簡単に節約できると感じますか?

1:まずは、どうしたら一番ご相談者様にメリットが出るのか診断。
2:次に、具体的にその節約方法を取るためにデメリットが出る可能性はないのかのご説明。
3:ご紹介先があった場合、何故その会社を弊社がおすすめするのか、きちんと根拠のご説明。
4:最後に、お乗り換え時とお乗り換え後にもきちんとサポートご相談体制が整っていること。
これが【プロパンガスのプロのご相談所】が行っていることです。

私の家は本当に安くなるの?と思ったかたはこちらから。


節約に限界を感じたら、
もっと簡単にプロパンガス料金の節約を行いたいと思ったら、
やれることはやって節約しているけれどもっと節約したいと思ったら、
ガス料金節約ラボにご相談下さい。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00