プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 プロパンガス 料金 相談 自由料金 適正料金
2018.03.29

ガスの自由化!選ぶ時はどんなことに気を付けるべき?

2017年4月から始まったガス自由化。選択の幅が増える分、自己責任でガス会社を選ばなければなくなりました。ガス自由化とはいったいどのようなものなのか?私たちの生活にどのような変化があるのか?予備知識からガス会社を選ぶ時のポイント、注意すべき点をご紹介いたします。

目次

ガス自由化とは?

2017年4月から始まったガス自由化。この自由化と特に関わりが深いのは都市ガスです。これまで都市ガスは独占市場となっており、ガス管を自由に使うことができませんでした。しかし、ガス自由化により、新規参入した事業が都市ガスのガス管を使用できるようになったのです。

これによって、利用プランが多様化し、多彩な選択肢から利用者のニーズにあったプランを選択できるようになりました。電力自由化の際に携帯電話や鉄道の会社が電力分野に参入したように、ガス自由化でも同様のことが起こることが考えられます。
また、事業者の参入を促すことで競争が起こります。これによってガス会社同士が企業努力をすることによってガス料金の引き下げにつながることが予測されます。これによって国民生活の改善につながると考えられているのです。

しかし、新しい企業の参入は都市部を中心としているため、地域格差など課題も残っています。利用者にとっても、複雑な料金体系から自ら選択しなければならないため、自分で調べたり見積もりを取ったりと自らの負担や責任が大きくなっているのです。
このような状況下の中、賢くガス会社を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。必ず押さえておきたい点を3つのポイントに分けて解説いたします。

多くの選択肢に惑わされない

既存のエネルギー会社に加えて、ガス自由化で有力なのは、電力自由化でそうだったようにやはり携帯電話会社の参入でしょう。携帯電話会社・電気・そしてガス料金を合わせた料金プランを提示してくることが考えられます。そうなるとポイントや抱き合わせることでの割引など、料金携帯が多様化してくることも考えられるでしょう。

今までになかった料金体系が登場することで、多くの種類の料金プランが生まれることが予想されているのです。このような中で、自分にぴったりの料金プランを選ぶ必要があります。そのためには、多様化しているプランに惑わされることなく、冷静に選択していかなければなりません。 目の前にある膨大な情報にとらわれすぎず、自分のニーズを整理して選択するように心がけていきましょう。

不透明な点は必ず解決する

契約トラブルに巻き込まれないためにも、不透明な点がある場合必ず解決してから契約するようにしましょう。確認すべき点としては主に以下のような点があります。

① 国の登録事業者かどうか。
② ガスが供給されるのはいつか。
③ 契約期間はいつまでか。
④ 契約更新の手続きはどうなっているか。
⑤ 毎月の料金と、その計算方法。
⑥ 工事費の負担はあるのか?あるのであればその金額はいくらなのか。
⑦ 料金の割引額とその適用期間はどのくらいか。
⑧ 契約期間内に解約したい場合の制約はあるのか。
⑨ 契約期間内に解約する場合の違約金等の制約はあるのか。

ガスの小売り業者には、原則として事前に料金をはじめとした重要事項を書面で説明することが義務付けられています。口頭でのみの説明で終わりそうになった場合は、必ず書面で契約内容をもらうようにしましょう。
また、時間と手間をかけてガス料金の乗り換えをしても、メリットの理解が不十分ですとかえって高い料金を支払うことにもなりかねません。今の料金と、新しく乗り換える先の料金体系をしっかりと比較・検討し公開の内容に納得して契約をするようにしましょう。

都市ガス自由化便乗詐欺にご用心

新しい制度等が始まった時に必ずと言っていいほど現れる「便乗詐欺」。今回は5つの詐欺を解説します。両親や親せきなど周りの人と気遣いあって、詐欺にあわないように注意していきましょう。

① 投資詐欺
新規参入のガス会社の債券や株への投資の話などで勧誘してくることが予想されます。本当に信用のある会社なのか、簡単に勧誘に乗ることなく自分でしっかり調べるようにしましょう。

② 個人情報搾取
ガス会社の切り替えを持ち出して、個人情報を抜き取ろうとする詐欺です。正規のガス会社なのか不透明な場合は、何があっても個人情報を公開することは避けましょう。

③ 点検詐欺
「ガス機器の点検」として自宅に上がり込む業者には要注意です。高額なガス機器を売りつけようとしたり、個人情報を抜き取ろうとしたりする悪徳業者かもしれません。正規のガス会社と確認できない場合は、自宅にあげてはいけません。

④ 初期費用詐欺
 都市ガス自由化においては、ガス会社乗り換えで基本的に工事費用は発生しない見込みとなっています。高額な工事費用を請求されたら、それが適正なものかどうか明確にしましょう。

⑤ ガス代節約グッズ
 電力自由化の時に現れた「メーターに貼るだけで料金が安くなるシール」などの類似商品が出回る可能性があります。冷静に判断し、安易に購入しないようにしましょう。

■まとめ
まだ始まったばかりのガス自由化。今までガスは安くならないものというのが一般的でしたが、ついにガスをお得に利用できる時代がやってきました。新しいことが始まると、それに合わせた詐欺も多くなります。お得にガスを利用するためにも、まずはしっかりと下調べをし、自分に合ったサービスを冷静に選択していきましょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00