プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 プロパンガス メリット
2018.05.11

料金が高いのにも訳がある!?プロパンガスのメリットとは?

プロパンガスは、都市ガスに比べて使用料金が高いので、導入を敬遠されがちです。しかし、同じガスなのになぜ使用料金が大きく違ってしまうのでしょうか?実は、料金が高いのには訳があり、高い分だけプロパンガスを選択するメリットがあるのです!これを読んだらプロパンガスを利用したくなるかもしれませんよ。

目次

導入費用が安い

一軒家を建ててガスを導入する場合、導入のための工事が必要です。その工事を行うと、工事費やガス管、給湯器などガス機器の費用がかかり、かかった費用は利用者側が支払う必要があります。都市ガスもプロパンガスも工事が必要となっており、利用者が支払う必要があるのですが、支払い方法が異なってきます。
都市ガスの場合、かかった費用は一括で支払います。最も安い場合(ガスの本管が家の近くまで通っている場合)で、10~15万円程度。ガス本管が家の近くまで引かれていない場合は、本管を新設する費用が別途かかるため、もう少しかかるそうです。

一方、プロパンガスの場合は、会社や契約年数によっても異なりますが、単価への上乗せ額は平均60円~だと言われています。
都市ガスの場合は工事費用を一括で支払ってしまえば、あとは利用料金のみを支払っていくだけなので気になりませんが、一括で高い金額を払うのは大変です。その点、プロパンガスならまとめて支払う必要がなく、毎月少ない金額で済ませることができるのはありがたいですよね。

火力が強い

飲食店ではプロパンガスの利用が多いと言われているのはご存知ですか?その理由の一つとして、都市ガスに比べてプロパンガスの方が火力が強いという点があります。
プロパンガスの熱量は都市ガスの熱量と比べて約2.2倍となっており、1㎥当たりの熱量は、プロパンガスで約24,000kcal、都市ガスでは約11,000kcalです。
火力が強いということは、同じ量のお湯を沸かすときに使用するガスが少なくて済むため、短い時間で沸かすことによりガス代の節約に。また、料理などを提供するお店では火力を必要とするメニューもあるので、プロパンガスが重宝されています。 1㎥当たりの単価だけに目が行きがちですが、それだけを比べるだけでは、不十分だということです。

■災害に強い
「分散型エネルギー」というワードをご存知ですか?エネルギーの消費地近くに分散して配置された、比較的規模の小さい機器から供給される電気や熱といったエネルギーのことです。家庭用のガスについて言うと、各家にガス容器を設置されているプロパンガスのことを指します。
一般的に言われている分散型エネルギーのメリットの一つに、非常用としての役割が期待でき、防災・減災に役立つという点があります。プロパンガスは、持ち運び可能で、ボンベ、配管、ガス機器等の道具が揃い、安全が確認出来れば、どこでも利用できるのです。そのため、災害時でも復旧が早いと言われています。

同じガスでも都市ガスの場合は、工場でガスを製造し、ガス管を通して各家庭にガスを供給しているため、復旧を行う場合は、地中にあるガス管すべてを順次チェックしていき、ガス管に問題があった場合は、新しいガス管に交換して供給開始となるので、プロパンガスに比べるとどうしても復旧が遅くなってしまいます。
生きる上で、火は重要な役割を担います。復旧が早いプロパンガスは災害時にとても役に立つのですね。

環境にやさしい

プロパンガスは、環境にやさしいクリーンエネルギーと言われています。その理由は、二酸化炭素の排出量が、他のエネルギーに比べて少ないことや硫黄酸化物の排出量がほとんどないこと、スプレーの噴射剤として使われていた特定フロンの代用として利用されていること等が挙げられます。
二酸化炭素は、地球温暖化の原因と言われている物質、硫黄酸化物は酸性雨の原因と言われている物質です。また、特定フロンはオゾン層破壊の原因と言われている物質と言われており、環境破壊が問題視されている現代、出来るだけ環境にやさしいエネルギーを使いたいですよね。

■プロパンガス会社を選べる
最近、都市ガスにおいても自由化が始まりましたが、長い間、料金が会社によって大きく異なることはなかったので、自由化が始まっても急激に料金に変動があることはなさそうです。しかし、これからは価格競争が始まることも期待できるので、さらに安くなることがあるかもしれませんね。
一方、プロパンガスは、以前から自由料金で過去に料金の規制があったことはありません。しかし、プロパンガスは多くを輸入に頼っているため、仕入れ値は産ガス国が通告する料金に変動や為替の影響を受けます。さらに運送運賃や人件費等も加わるため、プロパンガス会社によって、価格が大きく異なる可能性も。

高くなる恐れもありますが、上手にプロパンガス会社を選ぶと、逆にガスの使用料金を抑えることができる場合もあります。地域によって異なりますが、1㎡当たり200円以上の差が出る場合もあるようです。悪質な業者もあるので、ガス会社を変更する際はしっかりと見極めることも必要ですが、「ガス料金が高いな」と感じている方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

毎月の利用料金が高いからと導入を避けられがちのプロパンガス。高いのには理由があり、重要なメリットもあるということがお分かりいただけたでしょうか?
料金だけでなく、ライフスタイルやもしもの時を考えることも重要です。これから家をたてる方は都市ガスとプロパンガスどちらの方があっているのかじっくりと検討してみてくださいね。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00