プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 節約の知識 ガス ガスの知識 プロパンガス 料金 節約
2018.05.18

タクシーはプロパンガスで走っている!?

わたしたちがよく利用するガソリンスタンドで、タクシーを見かけたことがないような気がしませんか?ですが、全国どこでもタクシーは道路を走っており、毎日のように見かけますよね。これはいったいどういうことなのでしょう。

 

実は、全国を走る約26万台のタクシーのほとんどは、プロパンガスを利用しているのです!その割合は、90~95%ともされています。個人タクシーなどはガソリン車を使っていることも多いのですが、タクシー会社に所属しているタクシーは、ほぼプロパンガスを利用していると言っていいでしょう。では、何故マイカーではプロパンガスを利用しないのに、タクシーだけがプロパンガスを利用するのか疑問に思いますよね。最近では、タクシーだけでなく生協や宅配便の配送車、清掃車などでもプロパンガスが利用していることが多いようですが、そのプロパンガスを選択する理由について、見ていきましょう。

 

目次

タクシーがプロパンガスを利用する理由

ガソリンと比較して燃料費がかなり安い
まず最大の理由として、燃料費の安さが挙げられます。ガソリン同様に単価は常に変化しますが、それでも概ねガソリンの6割ほどの金額で済みます。1年で10万kmの距離を走行するとされるタクシーなら、ガソリンよりもプロパンガスを利用した方が、コスト面でかなり有利と言えそうです。ガソリン税などの特別な税金がかからないことも、低コストの理由と言えるでしょう。業者向けのプロパンガス価格は税制上の優遇措置があり、経費節約につながっているのです。

・排気ガスがクリーンである
タクシーがプロパンガスを利用する理由としては、排気ガスがクリーンで環境にやさしいという点が挙げられます。地球環境問題が世界的に騒がれる以前から、タクシー会社はプロパンガスを利用しており、プロパンガスを利用するタクシーは、結果的に環境にやさしいというわけです。二酸化炭素の排出量は、ガソリンが100である場合、プロパンガスは85程度になっています。

・プロパンガス車は盗難被害に遭いにくい?
①一般的なガソリンスタンドで給油ができない
②ドアミラーでなく貴重なフェンダーミラーが取り付けられている
③ハンドル脇にシフトレバーが付いている、コラムシフトのマニュアル車
これらから分かるように、タクシーはかなり特殊な車両であるために、車両を盗難する人間側からすると、盗むメリットが何もないのです。

マイカーがプロパンガスを選ばない理由

ガソリンよりも値段が安く、環境にもやさしいプロパンガスが世間に浸透しない理由はここまで読んだらなさそうに思えますよね。では何故実際には、普通車にプロパンガスは採用されないのでしょうか。

・プロパンガススタンドの数が圧倒的に少ない
最大の理由として、スタンド不足が挙げられます。もちろん、タクシーはプロパンガスのスタンドを利用しているので探せばあります。プロパンガスを充填できるガススタンドは、全国で約1,900ヶ所とそれなりにあるように感じますが、やはり地方などにはあまりなく、事前にガススタンドの位置情報を把握しておかなければ、大変な事態に陥りそうです。スタンド不足ということで、ガソリン車と比較すると不便に感じることが多々あることは間違いありません。

・定期的なメンテナンス代がかかる
プロパンガスの高圧容器は、耐圧試験の金額が高めの設定です。このガスタンク検査を毎年行わなければならないため、手間とお金がかかるのです。タクシーは年間10万kmも走行しますから、燃料費を節約した分でメンテナンス代を支払ったとしても十分に元が取れます。しかし、マイカーは、年間走行距離がせいぜい1万km程度。決して、元が取れてオトクというわけではありません。それでもどうしても我が家の車はプロパンガスを使用したい!と思っても、一般車にはプロパンガス仕様がありませんので、車を改造する必要があります。さらに、車種の選択枠自体も少ないです(タクシーって、大体同じような車種が多いですよね)。

・走行の際のパワー不足
タクシーには約2000ccのエンジンが搭載されており、最高出力は80馬力程度。一般的な2000ccのセダン車の最高出力が160馬力程度であることを踏まえると、かなりのパワー不足です。ですが、それでも日常的に走行するには十分なパワーであり、不便を感じることはありません。メーカー側からすると、パワーが不足した車両というのは販売戦略が難しいと言わざるを得ないのでしょう。

プロパンガスを載せたタクシーに危険はナシ!

プロパンガスは爆発しやすいのでは?そんなプロパンガスボンベが普段乗っているタクシーに積んであるなんて…と不安に思う方、大丈夫です。車に取り付けられたボンベは衝撃に耐えられるよう強化されており、それ以前に、プロパンガスは簡単に爆発などしません。ガス爆発は、何かしらの理由でガス漏れが起きた際、ガスと空気が混ざり合い一定濃度に達した時着火をすると起こる仕組みです。そのため、万が一タクシーで事故が起きたとしても、爆発をするような可能性は非常に低いのです。

普段利用しているのに、意外と知らないタクシーの事実。新しい発見をするとこれからタクシーの見る目も変わりそうですね!

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00