プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 LPガス ガスの知識 ガスボンベ プロパンガス 防災
2018.06.28

知ってて良かった!ガスが止まった時の対処法

目次

実際ガスが止まったらどうする?

普段当たり前のように使っているガス。そのガスが突然止まってしまったら、あなたはどうしますか?まず、焦ってパニック状態に陥りそうですが、いったん落ち着きましょう。ガスが止まる原因としては、いくつか理由が考えられます。

・ガスの元栓が閉まっている
・料金が支払われていない(振込忘れや引き落とし口座の残高不足)
・震度5以上の地震の発生
・多量のガス漏れ
・ガス機器の長時間使用
・ガス圧低下

何かの原因でプロパンガスが使用できなくなってしまっても通常の場合、ガスの復旧に日にちや時間がかかることはあまりありません。それでも、急にガスが止まってしまった場合、どう生活をしていけばいいでしょうか。まず、ガスコンロが使えなくなった場合、カセットコンロで代わりが務まります。カセットコンロが1台あれば、いざ自然災害が起こった時でも大変役立つことでしょう。
一家に1台、緊急時用として置いておいても損はしないでしょう。

ガスが止まると給湯器も使用できなくなるため、お湯が使えなくなります。電気が止まっていないことが前提となりますが、飲料として使用するには、電気ケトルで沸かしてお湯を作ることが可能ですね。また、ガスを使わずに調理することのできる食料を備蓄しておくことで、数日の間ガスが使えない状況になったとしても安心できます。例えば、電子レンジや炊飯器などを使った食料やインスタント食品、缶詰などを用意しておくと良いでしょう。

お風呂は、真夏ならば水風呂もアリかもしれませんが、極力避けたいですよね。近くにあるスーパー銭湯やサウナなどを探しておくと良いでしょう。

重要なのは、日頃から備えをしておくこと、ということですね。

プロパンガスが止まったときの対処法

使用しているガスは、都市ガスとプロパンガスに分かれると思いますが、ここではプロパンガスが止まった場合に焦点を当てていきたいと思います。プロパンガスが止まったら、まずチェックすべき点は、ガス漏れをしていないかということです。この場合は非常に危険ですので、ガス臭くないか、臭いをすぐに確認しましょう。少しでもガス臭いと感じたら、電気製品に触れずに窓やドアを開け換気をして下さい。それからすぐに契約しているガス会社まで連絡をして指示を仰いでください。

ガス臭くない場合でも安心せず、安全確認を必ず行いましょう。ガス漏れ以外の理由でのガスの遮断が考えられます。プロパンガスにはガスメーターが付いており、何らかの異常を感じるとガスメーターにその内容が表示されるように作られています。ガスメーターの表示を確認してみましょう。表示されている内容によっては、ガス会社をわざわざ呼ばなくても、自分で解決できる場合もあります。

ガスメーターの見方について、簡単に説明していきます。

最近のガスメーターには学習機能が備わっています。その家庭のガスの使用状況を記憶しています。そこで、いつもと違う使い方をしているとガスメータが判断した場合に安全のためガスを遮断させることがあります。

①「AC+ガス止」
原因:ガスの長時間使用が原因のガス止めです。その名の通りガス器具の長時間使用、消し忘れなどが主です。煮物料理など、凝った料理をする場合に長時間ガスを使用する場合もありますね。
他には、ガスファンヒーター、ガスストーブの長時間使用が考えられますが、一時間に一度は器具を止め空気の入れ替えをするなど使用方法を工夫することでガスが止まってしまうことを防ぐことが出来ます。

対処:ガス機器が付けっぱなしになっていないかをまず確認します。消し忘れがあるときは、器具栓を閉めましょう。

②「BC+ガス止」
原因:ガス漏れ警報器作動、震度5以上の地震、プロパンガスメーターに強い衝撃があったなどが考えられます。ガス漏れ警報器の作動がない場合、地震を検知して止まったことが考えられるので、その際には「地震時の対処」を行ってください。

対処:ガス漏れ警報器が鳴ったら、器具栓・未使用のガス栓を閉めましょう。また、殺虫剤などのLPガスを使用したスプレーに反応してしまう場合もあります。

③「BC+ガス止P」
原因:ガスの供給圧力低下でガスが遮断されている表示です。ガスを短時間で一気に大量消費した場合、ガスの供給圧力は低下します。思い当たる場合は、ガス機器の様子をしばらく見ましょう。

対処:器具栓・未使用のガス栓を閉め、すぐにガス会社へ連絡してください。

④「C+ガス止」
原因:ガスの過流量が異常です。未接続のホースをガス栓に使用してしまったり、ゴム管が外れてしまったりしている可能性があります。
ガスホースの接続に問題がないか、ホース未接続のガス栓を空けていないかのチェックをしましょう。

対処:家庭内で、対処が一番しやすい例がこの状況です。ただし、ガス漏れの危険性もありますので、注意は常に必要です。

止まったプロパンガスを復帰させる

「ガス止」がメーターに表示されている場合は、ガスを自分で復帰させることができます。その手順について説明していきます。

①ガス器具の栓・ガス栓をすべて締めます。
②復帰ボタン(黒いゴム状)を奥までしっかり押します。
③ランプの点灯を確認したら、すぐに手を離します。
④約3分間待ちましょう。ガス機器もすべて使用しないでください。
⑤ランプの点灯が終わると、メーターの表示が消えガスが再び使用できるようになります。

上記の操作を行ってもまだガスが使用できないという場合は、ガス会社へ連絡をしましょう。ただ、ガス会社に連絡せずとも自分で簡単に復帰させる方法もあるのだということを知っておくことが大事ですね。

まとめ

ガスが止まる原因として、消費者側では、ガス器具の誤った使用方法によるガス遮断。又、ガス会社側による、ガス料金の滞納や法定点検の未実施などにより強制的にガスを止める場合などがあります。安心・安全な生活を送る為には、ガス器具等の正しい使い方、使用方法を守る事が大切ですね。法定点検も、基本的には無償です。自分の身を守る為にも案内が来たら期限内にきちんと検査を受けましょう。ガス会社にもよると思いますが、プロパンガス料金を、1~2ヶ月の滞納でガスの供給が停止されるようです。

ガスは大切なライフラインです。プロパンガスは、災害に強く、正しく使用すれば安心・安全でクリーンなエネルギーです。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00