プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 LPガス ガス ガスラボ プロパン プロパンガス 相談
2018.07.05

ガスの乗り換えで仲介業者に相談したいけど、本当に無料で紹介してくれるの?

ガスの乗り換え仲介と言えば、以前は飛び込み営業さんによる仲介が多かったようです。俗に言う、訪問営業さんです。しかし、この数年はかなり変わってきています。
・特商法の法令強化
・オートロックの整備
・他人と顔を合わせることが少なくなった消費者マインドの変化
・既存企業が顧客との契約書面の強化変更
などが理由に挙げられるでしょう。

今でも地域によっては、ガスの乗り換えを勧める訪問営業さんが活動していらっしゃいます。訪問営業さんは、複数の会社の名刺をお持ちになり、各ガス会社様の指導と研修を受けて、乗り換えを斡旋するタイプの方が多いでしょう。理由は、ここでは割愛しますが、単純に複数社の依頼を受けたほうが効率が良いからです。

しかし、上記の理由でかなり頻度人数は減ったように思えます。また、私達のように乗り換えをインターネット経由で勧める会社も複数あり、時代によって変わってきたことがお分かりになるのではないでしょうか。伴って、どうやって営業できているのか?も少し変わってきています。

順を追って、まずは【大前提】からお話していきます。

目次

【大前提】ご相談者様から代金を頂くことはありません

携帯電話のお乗り換えをイメージしてみて下さい。
A社からB社へお乗り換えをしたとします。携帯電話の本体代など別物を購入しなければ、初期で金額がかかることはないはずです。

プロパンガスのお乗り換えも同様。新しいガス会社B社様から何かを購入しないで、乗り換えだけであれば、お金がかかることはありません。携帯電話のお乗り換えも、契約をするのは代理店様のことが多いので同じですね。

インターネットを窓口とした仲介業者さんへ手数料的なものも、新しいガス会社様に契約料的なものも、全くかかりません。 これが全ての大前提である、ということは予め知っておいて頂ければと思います。

ではどうやって、サイトの維持や受付など運営できているのでしょう?

その1 1件ごとの手数料方式

ご相談者様からも聞かれることがあります。
皆様からよく聞かれるご質問の一つですので、多くの方が気になる項目だと思われます。

仲介業者の運営方法として2通りあります。
1:1軒のお客様を引受先会社へご紹介した場合、引受先から取り決めしている単価を頂く
2:協賛金という形で事前に契約会社から年間契約の代金を頂く 主に上記の2通りがあると言えます。
1:1軒ごとに獲得単価を頂く場合
一番古くから行われている方式です。今でも飛び込み営業さんは、引受先がないことへの損失を無くす目的で、複数の名刺を持って営業されていることでしょう。

但し、プロパンガスの場合は家の外からガスボンベが見えます。つまり、どこの会社のガスを使っているか、ある程度は推測ができるという特質制があります。従って、特定の会社さんに専属的に委託されている飛び込み営業会社さんも存在します。

【お客様から見たメリット】
・お話を聞いてから引受先がないことの可能性が少ない
・専門的な知識が豊富

【お客様から見たデメリット】
・お話を聞いてから断ることが難しい
・仲介業者さんは「獲得して終わり」のことが多いため、数年後まで責任を持ってくれない
・人によっては、「獲得するために、大げさなお話・あえて説明しないこと、もある」方もいる

上記のデメリットのお話が多くなってきたため、訪問営業さん=怖いとお感じになる方が多くなってしまったのでしょう。

その2 年間協賛金方式

2:協賛金で年間契約方式の場合
他サイト様でも行っていると明記している方式です。「年間◯◯件は御社に送客しますよ」という形で引受先へ依頼していき、その「◯◯件」部分の数字で年間契約を行うパターンです。ある程度実績を持っている仲介業者様であれば額が入る、という方式になります。多くの数の実績が作れない場合には、◯◯件以上ご依頼を出した場合には上乗せ金額を下さい、方式もあるようです。

【お客様から見たメリット】
・1に比べてしつこい営業活動の可能性が少ない
・仲介業者さんへ連絡がつかなくなる可能性が少ない

【お客様から見たデメリット】
・取引先が限られる可能性がある
(引受先からすると、仲介業者さんに先払いの意味合いになるため)
・顧客流出を防ぎたい、という契約になっていた場合、乗り換えを希望しているのにおかしな引き止めをされる可能性がある

以上が既存の仲介業者様の運営方式になります。

まとめ

いかがでしたか。仲介業者が無料で出来るわけ、をご説明させて頂きました。
【ご相談者様は無料で紹介を受けられる】というのは昔も今も変わっていません。

ご相談者様の立場から重要なのは、
・話をしている担当者様が「本当にオススメ出来るから使ってもらいたい」と思って話してくれているか
・お仕事なので決めてもらうために話しているか
を見極めることではないでしょうか。

こちらを読んで頂いている、ほとんどの方がお気づきになっていると思いますが、どこからか収益を頂かなくてはなりません。

ただ、時代と共に収益の仕組みは変わってきています。例えば食品を買うにしても、以前は【販売した価格ー仕入れ価格】の差額で収益を上げていました。でも今の安売り合戦の影響で、それだけではやっていけなくなっています。どうやっているか・・・・それは、他に収益を上げる方法があるからです。

最後に1点だけ。どうやって営業しているのか、きちんと公開していないところは信用出来ない。これだけは時代を問わず、昔も今も変わらない感覚だと断言できます。インターネットを使ったサービスを利用する場合、これは一層顕著に感じられることでしょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00