プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.03.12
LPガス 災害 防災

あれから7年 3.11を迎えていま想うこと

2011年(平成23年)3月11日 午後2:48【東日本大震災】は起きた。

朝、TVを付けるとニュースでこの話題。
震災の起きた日、私は職場にいた。ものすごく長い揺れと恐怖で動けなくなった。時間が経つにつれ被害が甚大であることがわかったが、何も手につかなかった。当然、家族の安否確認も出来ず確認が取れたのはその日の夜遅くだった。目の前で起きていることが信じられず胸が苦しくなったことだけは今でも鮮明に覚えている。あの日以来、大雨が降り川の水かさが増し大きな音を立てて流れていると、足をすくわれるような気がして近づくことができない。

誰かが言った。「記憶は風化させても良いが、記録は風化させてはならない」と、この言葉は、経験した人だからこそ言える言葉なのだろう。大切な家族や友人を失った悲しみは、生涯消えることはない。しかし、そのことばかりを考えていては前に進むための一歩を踏み出せない。だからこそ、つらい記憶は心の片隅にそっと置いても良いのかもしれない。

TVのアナウンサーが、今まで縁のなかった東北地方へ震災をきっかけに現状を伝えるべく足を踏み入れてから、毎年訪れているとか・・・これも【縁】
はじめは、現場の状況を多くの視聴者に伝えることと、被害にあった方々を励ますつもりでいたそうだ。時が経つにつれ、いつしか自分が元気をもらって帰ってくるようになったと話をしていた。

支援とは、目に見えるものだけでなく、足を運ぶ・地元の方々と交流しその土地のものを購入する、食事をすることでも支援になるのだ。

つらい現状や、惨状を目の当たりにするのはつらいことかも知れない。だが、いまなお、その土地で暮らし、必死で生きている人達がいるのだから目をそらさずに向き合っていきたい。

明るいニュースも聞こえてきた、福島県相馬市の松川浦漁港では3月5日(月)の朝、震災後、途絶えていた【青のり】の出荷が再開された。7年ぶり東京電力福島第一原発事故による汚染も懸念されたが、収穫ごとに放射性物質を検査し基準をクリアしたものが出荷される。出荷量は震災前の10分の一。
震災前にあった養殖棚は津波により全て流され、残ったのは途方に暮れるほどの瓦礫の山。

瓦礫の撤去に3年、そこから養殖棚を再建し4年目の初出荷。しかし、養殖棚は1500棚。まだ、震災前と同じとはいかない。相馬の青のりは、色も香りも良いのが特徴。是非とも食してみたいものだ。

朝日新聞DIGITALに【東日本大震災7年 3.11 震災・復興】と題した記事を見つけた。

その中に【いま東北へ】と題した記事であれから7年。被災地に訪れた人の数だけ、魅力と思いがある。東北へいこうと書いてあった。被災地には、新しいふるさとが次々と生まれ、商業施設や民家、災害公営住宅などが建設され、日常が戻ってきた。復興への思いから、新たな名物や名所もできている。

東京都の東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、【2020年。東京と東北で会いましょう】と題し、映像を制作した。本編の音声は日本語・英語 字幕/日本語・英語・フランス語・ポルトガル語。各県版の音声/日本語 字幕/日本語で製作された。出演者は、ソフトボール選手・上野由岐子選手、車いすテニス・国枝慎吾選手のほか、岩手県・宮城県・福島県の方々。

又、スポーツの力で被災地に元気が届く様「1000㎞縦断リレー」や「スポーツ綱領」などの事業を行っている。日本だけでなく世界中の多くの人々が東北を訪れるきっかけになればとの思いからだ。

被災地出身、ゆかりのある有名人など、自らの身銭を切って復興支援を続けている人もいる。

名声を利用して(売名行為)と陰口をたたかれても今なお支援を続けているのは、【売名行為】などというちっぽけな思いではなく、心ある支援なのだろうと素直に受け止めたい。

2018.03.12
プロパンガス 災害

もしもの時を考えるとプロパンガスの方がいい?実は災害時に強いプロパンガス!

エネルギーには「集中型エネルギー」と「分散型エネルギー」というものがあり、この2つに分けることができます。

【集中型エネルギー】
広い土地に発電所やガス製造所等を建て、そこで大量のエネルギーを製造。そこで作られた、ガスや電力をガス管や電線を通して各家庭やビルなどに供給するものが集中型エネルギーです。この場合、都市ガスや電力会社から供給される電気が集中型にあたります。

【分散型エネルギー】
消費地近くに分散して配置され、比較的規模の小さい機器から供給されるエネルギーが分散型エネルギーです。各家庭に設置されたガス容器に充填されているガスを利用するプロパンガスは分散型エネルギーに分類されます。

■プロパンガスが災害に強い理由
集中型エネルギーである都市ガスは、限られた製造設備で大量に製造していること、ガスを消費する場所から離れた場所でガスを製造しています。そのため、都市ガスは製造効率が良く、安定して質の良いガスを供給することが出来るメリットはありますが、一つの製造所が停止してしまうと広い範囲の供給に支障が起こるのです。また、製造場所が問題ない場合でも、供給するために使用するガス管が安全かどうかのチェックをしていかなければならないため、災害時の復旧には時間がかかってしまいます。

一方、分散型エネルギーであるプロパンガスは、現在は約75%を輸入に頼っていること、自由料金制で、販売業者が消費地の近くに点在しています。そのため、販売業者によって価格が大きく変わったり、為替や生産国の通知などが価格に影響したりというデメリットはありますが、配管が短いため、異常があれば即修理可能であることや、一戸単位で安全を確認して復帰させることが出来るので、災害時などでは復旧までの時間が早いというメリットがあるのです。

さらに、プロパンガスを導入している各家庭では、50kgのガス容器が2本設置されている場合が多いのですが、1本のガス容器に半分程度ガスが残っていれば、約1か月はそのまま使えるそうです。そのため、たとえ災害時にガス容器を運ぶための道が陥没してしまったとしても、完全にガスが利用出来なくなってしまう可能性は低いということですね。
また、持ち運び可能なため、ガスボンベ、配管、ガス機器等の道具が揃って、安全が確認出来れば、どこでも利用できます。そのため、災害時では水道や電気と比較すると、プロパンガスの復旧が早いと言われているのです。

2018.03.08
LPガス がすこんろ ガスボンベ プロパン プロパンガス

保安点検(定期点検)ってなぁに?

プロパンガスは生活に欠かせないライフラインです。とても身近なエネルギーですが同時に危険物でもあります。そんなプロパンガスは、法律で定期点検が義務付けられており、使用者の安全をしっかり守られるような仕組みがあるのを知っていますか?ここではそんなプロパンガスの定期点検内容や点検頻度などをお伝えします!!

《プロパンガスの定期点検の義務》

液化石油ガス法第27条及び同施行規則第36条・第37条により、ガス設備の点検・調査を行いなさいという国からガス事業者への命令です。これは消費者が安全にプロパンガスを使用できるよう、資格を持つ専門家が設備の安全性を確認しに来るものです。
点検する者は保安機関の認定を受けた販売業者(ガス会社)が実施する場合と、販売業者が外部の保安機関に業務を委託し実施する場合などがあります。

《7つの保安業務》

販売業者の点検には主に以下の7つがあります。

① 供給開始時点検調査
ガスの供給を始めるにあたって、ガス器具も含めたプロパンガス設備全体の点検を行います。ガス漏れや設備に異常はないかなどがこの項目になります。

② 容器交換時等供給設備点検
プロパンガスはガス販売業者がボンベの交換、またはバルクと呼ばれるタンクにガスを充填することでガス切れせずに使用することが出来ます。ガス販売業者は配達の中で、容器の転倒防止や容器周りの点検を行っています。

③ 定期供給設備点検
4年に1回以上の頻度でガス設備を点検しなさいと、ガス販売業者に対する国の決まりです。これを断ってしまうとガスの供給を止められてしまう可能性があります。

④ 定期消費設備調査
定期供給設備点検と同様に4年に1回の頻度で実施します。ガスメーターから室内ガス設備までの接持続状況や機能性の確認を行うものです。※配管の種類によっては1年に1回の点検が必要な場合もあります。

⑤ 周知
使用上の注意点などの情報を定期的に文書で知らせるというものです。

⑥ 緊急対応
ガス漏れ等トラブルが発生した際、すみやかに対応することです。場合によってはガス販売業者が現場に駆けつけることもあります。また、夜間などは業務委託などの保安管理業者が対応する場合があります。

⑦ 緊急時連絡
警察や消防などの要請が必要と判断された場合ガス販売業者が連絡を取ることもあります。

2018.03.06
LPガス ガス ガスボンベ プロパン プロパンガス 料金 適正料金

最新2018年2月プロパンガス料金ご相談時の質問ランキング TOP5

5位:プロパンガスの適正料金っていくら位なの?

問い合わせ数ポイント=65点 五十嵐印象ポイント=35点
合計=100点

ガスラボから言えることは、「プロパンガスの適正料金」は存在しません。
どちらかと言えば、その時々の「時価」「売られていることが多い価格」がまだ近しいでしょう。

例えば、180gの缶コーヒーをイメージしてみて下さい。
・自動販売機A:¥140
・自動販売機B:¥100
・スーパーマーケットC:¥98
・スーパーマーケットD:¥78

あなたはどれが適正だと思われますか?

仕入れ価格はほぼ同じだとしたら、消費者からすればDと言うし、飲料メーカーからすればAと言うでしょう。これは「適正料金」ではありません。「自分はこれで買いたい価格」だし、「わが社はこれで売りたい価格」ですよね。それを適正と呼ぶのですか?

「適正料金」という言葉を使って消費者・企業どちらかに寄った金額は長く続きません。
消費者に寄った安い料金で売ってばかりだと、企業は従業員のお給料さえ払えません。
逆に企業に寄った高い料金で買ってばかりだと、消費者のお財布は空っぽになってしまいます。

だからガスラボでは、多くの情報を収集・見極めをして、協力会社さんに交渉をします。

上の缶コーヒーで言うと、
「¥88ならばガス会社さんも最低限やっていけるし、消費者さんも間違いなく安い金額です。だから、長くこの金額設定にしてください」とね。

「適正料金なんてあまりにも根拠がなく都合の良い言葉じゃないですか? だから、適正料金なんて存在しませんよ。ただ、耳聞こえが良い言葉ですよね。」

ガスラボからのご返答です。


4位:プロパンガス会社さんを乗り換える時にお金はかからないの?

問い合わせ数ポイント=55点 五十嵐印象ポイント=50点
合計105点

かかりません。乗り換え手数料や工事代などは存在しません。かかる可能性があるとすれば、「今のプロパンガス会社さんとの貸与契約」があった場合でしょうか。ただ、知らないで乗り換え時にいきなり請求される金額ではありません。

ガスラボでは事前にきちんと、「ご相談者様の出費の可能性がある事項」を聞き取ってからご紹介をします。お客様にメリットがしっかり出ない場合、ご紹介自体をオススメしません。 だから、「後からお金がかかるって言われた」や「聞いてた話と違うんですが?」なんて案件は1件もありません。今まで1件もです。


3位:乗り換えた時、前のプロパンガス会社さんのガスボンベはどうなるの?

問い合わせ数ポイント=60点 五十嵐印象ポイント =55点
合計=115点

その場で新しい会社さんの名前に書き換えて再利用…そんな訳はありません(笑)
【新しいガス会社さんが旧ガスボンベを所在地まで返しに行ってくれる】が正しいご返答になります。

新しい会社さんが自社のガスボンベを持ってきます。この時に交換になるのが、ガスメーターから先の部分です。

つまり基本的には3点。
1・ガスメーター(使用量を計るもの)
2・ガスボンベ(液化させたプロパンガスを貯めてあるタンク)
3・ガスメーターとガスボンベを繋ぐ配管

上記が一戸建ての物件における基本ですが、集合住宅・アパートマンションの場合にはもう少し工事する箇所が増えることもあります。

例えば、エアコンの室外機と近くなりすぎていて現在法令違反状態。遮蔽板を設置して、問題がないように改善工事を行った。
また別件では、ガスボンベをまとめて保管しているボンベ庫が老朽化していたため、補強修繕を行った。
などが挙げられます。
少し脱線してしまいましたね。

乗り換え工事の時に持ってきた自社のガスボンベは取り付けて、付いていたガスボンベは取り外した状態になります。この「外したガスボンベ」は新しいガス会社さんが返しに行きます。
行き先はもちろん、旧ガス会社さん(配送会社さんが別ならば配送会社さん)の所在地です。プロパンガスのボンベには、必ず緊急連絡先と所有者住所が書いてあります。法令で決まっているため、【必ず】書いてあります。

ですから、ガスボンベに記載の所在地まで、新しいガス会社さんが返しに行ってくれる、ということになります。