プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス業界ニュース一覧

2018.03.13

プロパンガスを利用するメリットとは

「地震列島」と呼ばれる日本では、災害発生時においても安定期的に使用可能なエネルギー源を確保することが重要な課題となります。 前述した通りプロパンガスは災害時の復旧が早いというメリットがあります。

またプロパンガスが地震に強いのは、二次災害を起こさない工夫がされており復旧スピードも早いためです。
それはなぜか詳しくご説明いたします。 プロパンガスは都市ガスや電力などの系統供給とは異なり、容器に充填したプロパンガスを各戸に配送をする「分散型」供給を行っています。 配管など供給設備の点検も短時間で済み、異常があった場合も迅速に復旧させることができるのが特徴です。
例えば、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県では、津波で建物が損壊または流されてしまったもの等を除いて、地震発生後約3週間程度で大方の復旧が完了しました。 結果、都市ガスおよび電力よりも早く全面復旧を果たしました。 ガスが充填されたボンベが爆発するのでは?と心配する人は少なくないはず。しかし実際に起こった事故のうちガスボンベ自体に問題があったのはごく一部。 ガスボンベが原因の事故は極稀です。 さらには、阪神大震災などの大きな地震の時は、メーターがガスを自動遮断したので、プロパンガスによる火災は発生しませんでした。 プロパンガスを設置している家のガスメータ(マイコンメーター)は、ガスの異常が発生すると自動的に感知し、ガスを遮断し警告を表示するようになっています。

マイコンメーターとは?
ガスメーターに、マイコン制御器を組み込んだ、ガス遮断装置付きガスメーター。 震度5以上の地震や、長時間に多量のガスの使用流量が認められた時、急激なガス使用流量の増大、ガス圧の低下やガス管の亀裂や腐食による漏洩が起きたときなど、異常が発生した時に、自動的にガスを遮断するものです。 電気のブレーカーのような役割を果たします。 しかもプロパンガスで使えるような発電機や炊き出しセットなど、災害時用の緊急システムもいくつかあり、これらを用意しておくだけで、いち早くライフラインや生活を確保することも可能です。

都市ガスとプロパンガスの料金の違いは? 都市ガスは導入時に一括で設備費用がかかります。 一方、プロパンガスの場合は毎月の使用料金に上乗せして設備費用がかかります。 初期費用が高い都市ガスと毎月の料金に上乗せされるプロパンガスは毎月の料金が高いといわれる理由のひとつです。

2018.03.13

ガス会社乗り換えのまえに知っておくこと

2017年4月からご家庭向け都市のガス自由化が始まりました。 すでに工場向けなどの都市ガスは自由化されていましたので、これをもって都市ガスの全面自由化が行われたことになります。 今までは、都市ガスを使うには「その地域の都市ガス会社」と契約をするほかなく、企業選択の自由がありませんでした。 例えば、東京であれば東京ガス、大阪であれば大阪ガス、といった具合に、その地域のガス供給を独占しているガス会社以外の選択肢がなかったのです。これが自由化される前の話。 ガス自由化が始まったのは、1995年に実施された200万立方メートル以上の大口部分の自由化です。 これは、ガスの消費量が多い大規模工場、産業及び業務用といった大口需要家を対象に自由化がスタートしました。その後、1999年、2004年、2007年と徐々に自由化の範囲を拡大し、2017年4月、家庭向けにまで拡げることで、ついに全面自由化となりました。

ガス自由化の目的とは?
全面自由化によってガス販売ビジネスへの新規参入が増えれば、ガスの価格競争になります。
またポイント制、定額制、各種サービスとのセット販売など、それぞれのガス会社が提供する多種多様なメニューを見比べながら、お客さまのライフスタイルに合ったサービスを選べるようになります。サービス向上にも期待できるのです。 オール電化でない家庭なら、大抵は都市ガスまたはプロパンガスを利用していると思います。 ただ都市ガスの方が、有力なイメージがありますが、実はその比率はだいたい半分半分となっています。

今回の都市ガス自由化でプロパンガスを使っている自分に関係ない。と思う方も多いのでは?
実はプロパンガスだけ1996年自由化と、先に自由化促進が図られたエネルギーなのです。

一般的に、プロパンガスはその業者によって価格が異なります。つまりは、業者によって価格設定が自由であるということ。

非常におかしな話ですが、「自分の家のプロパンガス料金が隣の倍の料金になっている」なんて事も普通にあり得るのです。 こんな話を聞くとますますプロパンガスを利用しているとデメリットのように感じるかもしれません。 プロパンガスのメリットの方もお話していきましょう。

災害時の復旧が早い
プロパンガスは、ガスボンベを設置しちょっと点検するだけで使えるようになるという非常にシンプルな仕組みです。その為大災害が起きた際、ライフラインの復旧はかなり重要です。東日本大震災の時に一番早く復旧したライフラインが何かご存知でしょうか?
実はプロパンガスなんです。 一方、都市ガスは数百、数千単位で地中のガス管の安全確認が必要となるため、プロパンガスよりも復旧に時間がかかってしまいます。 また、なんでプロパンガスは先に自由化されていたのに価格競争が起こらなかったのか?という疑問にもお答えしましょう。
全国に2万社以上が存在するプロパンガスの販売事業者があるのに1度契約したプロパンガス会社しか契約したことがないというご家庭がほとんどではないでしょうか? 同業者同士で価格競争をしない内容の取り決めが私たちの知らない部分でされていたのです。 自由化されているのにもかかわらず、プロパンガス料金は電気料金のように単価が発表されていない場合が多く存在します。 プロパンガスは価格を下げるのではなく利益を上げるために値上げをしてきました。

  1. 1