プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.04.26
LPガス プロパンガス メリット 価格 節約

憧れのマイホーム!オール電化とガス併用、どっちがいいの?LPガスでも大丈夫?

まずは最近よく聞く、オール電化住宅について説明します。
オール電化住宅とは文字通り、暮らしに関わる熱源(調理や給湯、空調、電気等)をすべて電気でまかなっている住宅のことです。 キッチンでは、ガスコンロでなくIHクッキングヒーターが使われていますし、給湯では、エコキュートや電気温水器と呼ばれる温水器が使われています。 また、暖房器具は、床暖房や蓄熱暖房器などが使われています。

オール電化住宅で使用されている機器の紹介!
【IHクッキングヒーター】
電磁誘導加熱(Induction Heating)という方式で加熱する調理器具のことをいいます。 IH自体は熱を発しません。磁力線の働きで金属の鍋を発熱させる仕組みのため、エネルギーロスが少ないのが特徴です。

【エコキュート】
ヒートポンプと呼ばれる技術を用いる電気給湯器のことで、空気の熱と電気を利用してお湯を沸かします。 主に割安な夜間電力を利用してお湯を沸かして貯めておきます。 機材が比較的高額ですが、空気の熱を利用するので、電気代が安く済むのが特徴です。

【電気温水器】
電気を利用してヒーターを温め、そのヒーターで水を温めることでお湯を沸かす電気給湯器のことです。 エコキュートよりも電気代はかかりますが、比較的安い料金で設置することが可能。

【蓄熱暖房器】
レンガを電力で加熱し、加熱したレンガの放熱を利用して室内を温める暖房器具です。 加熱を行う際には割安な深夜電力を使いレンガの過熱を行い、日中に蓄熱したレンガで放熱を行います。

  1. 1