プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.05.15
ガス ガスの知識 故障

ガスコンロの炎の色でトラブルを知る

原因①バーナーキャップの汚れ・変形

バーナーキャップとは、ガスの炎を出す重要な部分です。ここが目詰まりを起こしている状態だと、赤い炎が表れる場合があります。バーナーキャップが目詰まりしていたり、変形したりしてしまうと、点火不良・不完全燃焼が起きてしまうのです。そうなると、使用している鍋の底にススが付いてしまうことがあります。こうした目詰まりは、バーナーキャップを取り外し、部分的に掃除をすることで改善されるので、定期的に確認するようにしてください。注意点として、ガスコンロ使用直後はバーナーキャップもとても高温の状態なので、時間を置いてから掃除に取りかかりましょう。
掃除方法は、使い古した歯ブラシを使って水洗いをするだけ。水気をしっかり切ってから、正しい位置に戻しましょう。このとき、水分が残っていると点火不良・不完全燃焼の原因になります。また、正しい位置に設置されていないと点火不良・不完全燃焼が起きる場合があるので、ガスコンロの取り扱い説明書を読みながら確認してください。
バーナーキャップが変形しているかどうかは、掃除をする際にチェックしましょう。万が一変形してしまっている場合は、交換や修理が必要になります。たいてい、部品単品での買い替えが可能な場合が多いので安心です。

原因②加湿器を使用している
加湿器の水に水道水を使っている家庭が多いと思いますが、水道水にはカルシウム・アルカリ金属が含まれており、これらがガスコンロの炎と反応して炎が赤・オレンジ色に変色する場合があります。キッチン近くのリビングなどに加湿器を置いている家庭は多いでしょう。そのため、加湿器が原因でガスコンロの炎が変色するという現象がよくあることは事実です。特に、長音波加湿器を使用していると、こうした現象が起こるようです。加湿器の使用を止めればガスは元通り青色に戻りますので、ご安心ください。

では、リビングで加湿器を使用できないの?と思いますが、加湿器が原因での炎の変色は、不完全燃焼などの危険を伴う変色ではありません。「炎色反応」といって、金属と炎が反応しあうと、金属の種類により特有の色へ変化する反応のことですので、炎が赤くともそのまま加湿器を使用していて問題ありません。しかし、炎の変色にはほかの原因も考えられることもあるので、不安だという方は、ガスコンロ使用時には加湿器を止めることを習慣づけてもよいでしょう。

原因③換気が不十分
最も注意すべき炎の変色で気にする原因は、換気不十分による不完全燃焼です。赤い炎が出ます。不完全燃焼は、室内の酸素が不足している状態で燃えていること。このままの状態が続けば、人体に有害な一酸化炭素が発生し、最悪の場合一酸化炭素中毒で死に至る場合もあるため十分に注意しましょう。ではどうすればよいのかと言うと、
・換気扇を回す
・部屋の空気を入れ替える(窓を開ける、ドアを開ける)
など、室内の換気をしっかり行いましょう。特に、冬場は寒いので換気をしたくない状況もあるかと思いますが、せめてガスコンロ使用中は換気をするよう心がけましょう。

原因④風の影響を受けている
換気が必要であると説明しましたが、ガスコンロに直接風が当たる環境だと、風の影響で炎の色が変色してしまう場合があります。窓から入ってくる風、扇風機の風、エアコンの風など、ガスコンロに直接当たらないように注意しましょう。

2018.03.19
LPガス 故障 相談 給湯器

プロパンガスの王道!給湯器の基本3項目を知っておこう!

さて、その【給湯器】がどこに設置されているのかご存知ですか?

給湯器の設置場所

・壁掛け給湯器



・据え置き給湯器



・集合住宅などは玄関横扉のPS(パイプシャフト)内やベランダに給湯器



最近では室内で使用するタイプの瞬間湯沸かし器の利用が減り、たいていのお宅で【給湯器】が設置されていると思います。また、郊外のお宅では石油の給湯器を使用されている方もいらっしゃいますね。

灯油の給湯器は、燃焼時に特有のにおいが発生するので、住宅が隣接している場所では敬遠されがちです。また、灯油の価格が18Lで約700円~約800円位の時代は重宝されましたが、価格が高騰した昨今では、灯油を配達してくれる会社も少なく、メリットが感じられなくなってしまいました。

最近の人たちは台所や、お風呂でも蛇口をひねればお湯が出ることに慣れていて、急にお湯が出なくなってしまうと、どうしたらいいのか分からないと言った相談が増えています。
そんな時に困らないためにも、給湯器がどこに設置してあるのか、どこのメーカーのものが設置してあるのかなどを確認しておくと良いでしょう。

メーカーでは、給湯器の寿命はおおむね8年~10年と公表しています。それに伴い部品の保有期間も同程度。どんなに修理をして欲しいと願っても部品がないことには対応できません。また、部品交換をして使用できるようになっても、「〇年使用できます」とは保証はしてくれることは絶対にありません。
他の場所が壊れてしまい修理費がかさんで、新品の給湯器が買えるくらいの修理費用をお支払いしてしまうことにならないように、修理に係る費用と新品に交換した時の費用を知っておきましょう。

【参考:交換費用】
給湯器の燃焼系の故障の場合 約20,000~約30,000円前後(部品代・工賃等込)

金額を少し加えたら・・・新品に交換できたかも知れません・・・

経年劣化による故障以外で、多いのは、凍結などにより配管が破裂するなどの故障です。
配管内で水がすべて凍ってしまいお水すら出ないなんてことも【給湯器の故障あるある】ですね!!
凍結で配管等が破裂してしまうと大変です!!お水はジャージャー出っ放し。在宅中ならすぐに元栓を住めることもできますが、外出中の出来事だと水道代の請求も大変なことになってしまいます。万が一、凍結により給湯器からの水漏れを発見したら、水道の元栓を閉めて修理か給湯器の交換作業が必要になります。契約中のガス会社にすぐ連絡しましょう。

【参考:交換費用】
給湯器の水漏れの場合 約10,000~約30,000円前後(部品代・工賃等込)

近年では、異常気象により都心部でも積雪があるなど雪に対して備えをしていない地域の被害が大きくなっています。

  1. 1