プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

LPガス オール電化 プロパン プロパンガス 都市ガス 電気
2018.03.13

集中配管


集合住宅(アパート・マンションタイプ)や集合住宅地(戸建)で、1ヶ所のガス貯蔵場所から複数の住宅へガスを供給すること。通常の戸建の場合、一軒に1ヶ所のプロパンガス貯蔵場所があるのに対して、複数軒からまとめて貯蔵保管している場所に配管が集中している様を表している。

他にもある集中配管が使われている産業

都市ガスと電気も集中配管形態をとっている。

都市ガスは湾岸部や郊外に大型の貯蔵場所を備え、地中に張り巡らせた本管を通り、各地域の建物・物件まで枝分かれさせている。貯蔵場所に対して、多数の物件が存在するため、ある種の集合配管とも呼べる。

電気においては、集合配線というべきだろうか。比較的地方や湾岸にある発電所から、都市部の郊外にある変電所を通り、各戸へ枝分かれさせている。配線ではあるものの、方式としては「集中配管」と同様である。

集中配管のメリット・デメリットとは?

メリット
ガス会社からすると、配送コストが安く上がる。(一ヶ所にまとめて置くだけで手数が減る) 入居者様からすると、比較的ガス切れを起こしにくい。

デメリット
ガス会社からすると、初期投資が高い。一ヶ所に集中してガスを貯蔵することになる為、法令に乗っ取ってきちんとした設置防壁などを施さなくてはならない為。
入居者様からすると、見える箇所に置いてあるとお子様など注意喚起をしなくてはならない。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00