プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス乗り換え事例一覧

2018.05.18

プロパンガス乗り換え事例-栃木県鹿沼市【2018年2月】

ご自宅に訪問に来たガス会社があり、【お宅のガス料金は高いですよ】と言われ変更を検討していますとお客様。訪問で来た営業マンはスーツを着ていて一見ガス会社の営業には見えなかったそうです。

今すぐ契約してくれるなら・・・と格安の金額を口頭で言われたそうです。話を聞くうちに「今のガス会社と何らかの契約が残っていればご提供できる金額が変わってきますが、先にこの申込書にサインしてくれれば・・・」と、何とも曖昧な説明に不信感が芽生え、お客様はその場での契約を断ったそうです。
「主人に相談するから名刺と料金表を置いて行って」と頼んだそうですが「また来ますから」と何も置いていかなかったそうです。弊社にご連絡を頂いた時には、「プロパンガスはもう嫌」と大変ご立腹でした。

理由は、以前に都市ガスを視野に検討していたそうですが、ご自宅の近くまで都市ガスの本管がきているからそんなに高い金額ではないだろうと思い見積もりを依頼されていました。しかし思いのほか初期投資の多さに断念された経緯があったとお話し下さいました。初期費用をかけずに何とかしたいというご希望なので弊社よりガス会社を紹介させていただくことになりました。

初めてのお乗り換えという事と、訪問営業との一件でかなりご心配のご様子でした。1つ1つお客様の質問に丁寧にお答えをさせていただくことで、お客様にご納得して頂く事が出来ました。また、紹介先ガス会社は都市ガス事業も行っており、後にお客様の生活スタイルの変化によって都市ガスへの変更を希望された場合でも相談に乗れる会社になっていますので、お客様もご安心頂けたようでした。
紹介後に旧ガス会社より何度も「値下げしますから」と引きとめのお話しがあったようで、対応に困り弊社へ再度ご相談がありました。かなりお困りのご様子でしたので、ご紹介先ガス会社に連絡を取り旧ガス会社への対応を依頼しました。

2018.05.17

プロパンガス乗り換え事例-栃木県足利市<2018年2月>

「なぜうちのガス使用量は多いのでしょうか?」こんなご質問から始まったご相談でした。

もちろん冬場のガス料金が高いことがご質問意図の一因であることは間違いありませんが、「他のお宅はどうなのか?」と疑問に思われる方も多いでしょう。 なぜ、ご相談者様がそう思われるのか。

ご相談者様宅では、同人数のご家庭のおおまかな使用量からみると、約1.5~2倍程もガス使用量があったからです。
今回はガスラボもかなり細かくご使用状況をお伺いして、一緒に考えさせて頂きました。お風呂はもちろん使いますが、お仕事の関係上、節約可能な【連続でお風呂に入る】や【追い焚きを減らす】ことは無理。しかし、他に使っている箇所は台所のみで、ここまでガスをたくさん使うご家庭はなかなか珍しいです。

ガスラボからお伝えしたこと
1:まずガスメーターをいじったり誤作動はあり得ない。例えば、そんなことがあるとすれば法令に反するような架空請求になってしまう。
2:地域柄や本年の気温の変化を見ても、そこまでガスご使用量が多くなる要因としては考えにくい。
3:直近だけではなく、年間通してご使用量が多い。そうすると要因は限られてくる。

結論としては、
・ガス給湯器の交換を検討したほうが良い
・金額単価も高いので、単価を下げたほうが節約効果は大きい
以上の2点をおすすめさせて頂きました。

2018.05.15

プロパンガス乗り換え事例-福島県会津若松市<2018年3月>

ご主人の生まれ育った生家のご相談でした。

長年ご両親が住んでおられましたが現在は空家。空家にしておくと、空気の入れ替えも出来ないため、どうしてもお家が傷んでしまうからと年に何回かはこちらに帰省して手入れをされていらっしゃったそうです。
しかし、お子様方も大きくなり、都内にお勤めのご主人もお仕事が忙しくなかなか長期のお休みが取れずにここ数年は、生家に行く回数が減ってしまったとの事です。

ご両親が亡くなられ、節目の法要を終え、維持管理を考え売却もご検討されたようです。
しかし、ご主人のご兄弟から【この家には思い出もあることだから何とか残せないか】とお願いされたことからご相談をスタートいたしました。ご相談者様の希望としては、【家を残す】前提で水回りを一式リフォームをしたいということでした。

将来はご兄弟のどなたかがこのお家に住んでも良いし、空き家にしておくと家が傷むからご兄弟で協力して資金を出し思い切ってリフォームをして賃貸で貸し出すことにしたらどうかというところまで決まっていました。しかし、どこの業者にどのように依頼をすれば良いか、リフォームの相場はどれくらいなのか全く分からないので教えて欲しいと内容です

ご兄弟で協力して生家を残す・・・素敵なお話しですよね。
弊社と致しましては、お客様のご希望に沿って思い出のお家を素敵にリフォームして下さるガス会社をお探し致しました。

冬はとても寒いとの事がありましたので、キッチンやお風呂の水回りをリフォームする際にお部屋にガスコックを新設事。ガスストーブ・ガスファンヒーターが使用できるように依頼しました。又、トイレも古い和式から様式に替え暖房便座を設置。賃貸住宅の場合は、やはり設備をある程度整えておかないと入居希望の方の目に留まりません。

台所はシステムキッチンにせず流し台だけ新しく交換しました。お風呂は、バランス釜から安全性を考え給湯器に変更、ユニットバスにすることで見た目も良く工期も短縮できました。

全ての工事をガス会社様にお願いしましたので、お客様との打合せや予算配分・日程調整もスムーズに行えました。