プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス乗り換え事例一覧

2018.08.25

埼玉県日高市 戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年6月】

10年前に中古住宅を購入。その時にかなり劣化しているとの事でガス配管を新しくし給湯器も最新のものに交換してくれたそうです。
その工事をしたガス会社は不動産会社からの紹介でしたのでそのまま契約することにしました。当初は、出費が抑えられて助かるとの思いから10年の無償貸与契約を結んでしまいました。 昨年、ガス自由化をテレビCMなどで見かけ気になり、一度乗り換えをしようとガス会社に直接問合せ。しかし、その会社では「現在のガス会社と契約があるのでしたらお引き受けできません」と言われ諦めていたそうです。

現在は「貸与契約も満了しているのでガス会社を乗り換えたい」とご相談を頂きました。 10年間もの間、念願のマイホームを手にし新しい生活を楽しみにされていましたが、お子様が生まれご家族が増えたこともあり高いガス料金は家計を大きく圧迫しているとの事。
試算した結果、貸与契約が終了した後もガス料金が安くなることはなく高いガス料金のままでした。

ガス代が高いけれど何とかしなくては・・・と現在のガス会社で案内していたガスと電気のセット割を申込されていました。少しでも固定費の節約になればと節約に力を入れているそうです。 電気のセット割りを申込まれていたのでガス会社をお乗り換えの際に違約金の発生が心配されましたが、違約金が掛からずにセット割の解除ができることが判明したので、このタイミングで思い切ってガス会社を乗り換えて節約しようとご家族で意見がまとまったそうです。

ガス会社のお乗り換えは初めてのご相談者様でしたので、「お乗り換えをするにあたり何か心配なことはありますか?」とお聞きしました。ご相談者様は、「どんどん値上げされてしまうと言った話を聞いたのですがどうなのでしょうか?」「今のガス会社に連絡しないとダメですか?」など色々とご心配の様子。不安を1つ1つ聞かせていただき、回答させていただいた結果、お気持ちが固まりガス会社のお乗り換えとなりました。

2018.08.25

埼玉県飯能市 戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年6月】

・去年、自宅にプロパンガス会社の営業マンと名乗る方が突然自宅に来た。その時、奥様は買い物に出掛けていて、不在だった。営業マンの対応をされたのが、たまたま家にいたご主人様で、安くなるから乗り換えようと言われるがままに、乗り換えを決め実行してしまった。
・正直、当時はプロパンガス料金は高いものと思っていたし、ガスの検針票を見てもガス料金の内訳の見方が分からなくて、気にした事がなかった。
・乗り換えてから1年程経ったが、安くなった気がしない。

ご夫婦の間で、何度かご主人様に『乗り換えても安くなった気がしないんだけど・・・料金変わってないんじゃない?』と話しをしたそうですが、ご主人様は『少しは安くなっただろ~』と言っていて、取り合ってくれず、「そうなのかなぁ・・・」と奥様。奥様は何度も納得しようとしましたが、どうしても腑に落ちなかったので、インターネットで色々と調べていたら、弊社に辿りつきご相談となりました。

・ガスの検針票は手元にあるので、まずはうちのガス料金は安いのか教えてほしいという事からご相談がスタートしました。
実際、直近のガス料金の内訳を確認しましたが、全く安くなっていないことが分かりました。

詳しくお話しを伺うと、この1年の間に2回値上げ通知が来たそうですが、面識のないガス会社の担当者に連絡して聞く事もためらってしまいそのままにしていたそうです。
今回と前回の2回とも1m3あたり数十円単位で値上がり通知が来ていたそうです。

1年前の検針票は既に捨ててしまった為、その当時の内訳は分かりませんでしたが、その2回の数十円の値上がりを考慮したとしても、1年前のお乗り換え時のガス料金は大して安くなかっただろうなと推察できました。奥様にお話ししたところ、『やっぱりそうよね!!私もそう思っていたの』と仰られていました。

もし、他に安いプロパンガス会社があれば紹介してほしいけれどすぐに値上がりするようなガス会社だと困るというお話しがありました。今回は、ご主人様だけでなく奥様にもご納得頂けるガス会社を紹介させていただきました。

2018.08.25

埼玉県羽生市 戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年7月】

ご自宅を中古で購入された際、既にガス設備が設置されており、そのガス会社とそのまま契約し現在まで使用していたそうです。
契約後5年程は毎月の請求金額が1万円前後だったので安心してガスを使用されていたそうです。

しかし、ここ数年の間に担当の営業マンがコロコロと変わり不安に思っていた矢先、値上げ通知が・・・。
「夏場でも1万円を超えた請求が負担になっている。ガス料金が高いのか安いのか調べて欲しい」とご相談を頂きました。 当初は、値上げ通知に【輸入価格の高騰の為】と記載してあるので、「仕方がないか」と深く気に留めることはなかったそうです。

たまたまご友人とのランチ会で「最近、値上げの通知が来てね、うちのガス料金が高いと思うんだけど・・・」とお話をする機会があり、色々と胸の内をお話ししたそうです。 ご友人は、既にガスラボのご紹介をしたガス会社へお乗り換えをされた方でした。ガス会社を乗り換えて安くなったとの話を聞いてお乗り換えの経験者であるご友人が、ガスラボをご紹介下さり、弊社までご連絡いただきました。

現在のガス料金をお調べしたところ、高めの従量単価で請求されていることが判明。自宅を購入し開栓の手続きをした際に提示された金額よりも、基本料金が200円、従量単価が190円も値上げされていました。この事実に大変ショックを受け、ガス会社のお乗り換えを決意されました。 また、この機会に固定費の見直しに本格的に取り組みたいとのご希望。ガスと電気のセット割りが可能な会社をご希望されておりましたので、セット割りの対応可能な大手ガス会社を弊社よりご紹介させていただきました。

2018.08.25

東京都荒川区 戸建て住宅プロパンガスお乗り換え事例【2018年6月】

以前からお乗り換え自体に興味はあった方でした。
だが、今のガス会社様に相談すると「そこは評判が悪いですよ」と、止められた経緯が何度もあったそうです。そして、その場では「頑張りますから!」と言って、値下げ対応してくれるのですが、気がつくと価格は上がっている。こんなことがこの数年何度もあったようです。

今回お乗り換えを相談頂いた経緯としては、「もう何度も値上げ値下げの繰り返しで疲れてしまって、安心して使えるプロパンガス会社さんに乗り換えたい」とのお申し出でした。今までの流れを聞くと、ご相談者様のお気持ちがよく分かりました。今のガス会社さんが、”本当はお客様に取って良いお話なのだが、自社の努力を最大限せずに、いたずらに不安を煽るお話を続けていたのでは?”と感じ取ったからです。

まず、”安心して使えるガス会社様の定義”をお話しました。地域の保安距離、ガス業界の取引先と関連性があると乗り換え出来ない事情、などです。次に料金のお話をしました。既存の料金はさほど高くはなかったのですが、また値上げとのことと、値上げ幅が大きいことから、お乗り換えの方が良いとのお話になりました。

お乗り換えに際して、今のガス会社様から何度もネガティブなお話をされたそうです。ご相談者様が対応しなくても、お家に来られてと、少々行き過ぎている感じも受けました。新規のお乗り換え先ガス会社様とガスラボの両方で、細かくお客様にご説明させて頂いてご不安は解消されたようでした。

お乗り換え後にご相談者様とお話した際に、「ガスラボさんと新しいプロパンガス会社さんは、きちんと説明をしてくれて、前の会社さんの悪口も言わなかった。だから、そちらの言っていることを信用しようと思えた。」と言って頂けました。また、「長年お付き合いのあった会社様自体にはお世話になっていたけど、そのガス会社に騙されていたような印象は持ちたくないものね」、とおっしゃっていたことが印象に残っています。