ガスカートリッジは、頑丈な鋼鉄製である容器のなかに、圧縮された液体のガスが入っているものです(液化石油ガス) ガスカートリッジの上部にあるバルブに、プリムスガスコンロやプリムスガスランタンをねじ込み接続を行うと、ガス側のバルブが押し下げられ"> ガスカートリッジは、頑丈な鋼鉄製である容器のなかに、圧縮された液体のガスが入っているものです(液化石油ガス) ガスカートリッジの上部にあるバルブに、プリムスガスコンロやプリムスガスランタンをねじ込み接続を行うと、ガス側のバルブが押し下げられ">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 ガス ガスの知識 ガスボンベ
2018.08.31

夏のアウトドアを楽しむ!必須のガスカートリッジとガスバーナーの知識について

夏と言えば、キャンプやバーベキューなど、アウトドアを満喫できる季節です。
季節に関係なくキャンプなどへ行くという方にはガスカートリッジは馴染みがありますが、アウトドアに無縁の方はピンと来ない場合も多いと思います。
今までアウトドアを楽しんだことがない、これからアウトドアに挑戦してみたいという方のために、活用できるガスカートリッジとガスバーナーについてご紹介します。

目次

ガスカートリッジとは

ガスカートリッジは、頑丈な鋼鉄製である容器のなかに、圧縮された液体のガスが入っているものです(液化石油ガス) ガスカートリッジの上部にあるバルブに、プリムスガスコンロやプリムスガスランタンをねじ込み接続を行うと、ガス側のバルブが押し下げられてガスが出る仕組みになっています。 せっかくアウトドアでキャンプなどを楽しむのなら、アツアツの食べ物を食べたいですし、淹れたてのコーヒーやスープなども飲みたいですよね。 ガスカートリッジがあれば、そんなささやかな願いも叶えることができるのです。

■使用する場所の気温で選ぼう

メーカーにより異なりますが、ガスカートリッジにはレギュラー・ハイパワー・ウルトラといった、2~3つの種類があります。どう種類別されているかというと、ガスの混合率によります。冬山へ登山しにいくなどという場合以外は、基本的にレギュラーで問題ないでしょう。

実はガスカートリッジは、寒い場所だとガスのパワーが落ちてしまいます。そのため、目安として気温10度を境に、レギュラーとハイパワーを使い分けると良いですね。 猛暑だからこそ、涼しい場所へキャンプに行く場合も想定しながら、現地の気温をしっかり事前に確認しておくことが必要です。

■ガスのメーカーはバーナーとセットで揃えよう

メーカーによっては、バルブの接続部分が異なった作りになっている場合もあるため、安全性も踏まえて、必ず同じメーカーで揃えるようにしましょう。 ガスカートリッジをきちんと選ばなくては、夜になって寒い思いをしたり、予定していた料理が作れなかったりする場合も。準備の時点でチェックしておきましょう。

■ガスの容量で使用可能な時間の目安を知る

使用する季節や火力などで変わってくるので、カートリッジの注意書きにはきちんと目を通すようにしましょう。 だいたい、どのメーカーでも250g缶で1時間、500g缶で2時間もちます。 1回に10分程度使用するとなると、5~6回は使用できることになります。 このくらいの回数が使えれば、温かい料理やコーヒー、カップラーメン1食分も作れそうですね。

■ガスは2~3年で使い切ろう

ガスカートリッジに消費期限はありません。しかし、缶、バルブの性質として保管状態次第では劣化の原因になります。 知らずに使用してガス漏れとなり、火災に至る可能性もあるため、必ず使い切るようにしましょう。

ガスバーナーとは

ガスバーナーとは何なのでしょうか。バーナーとは、キャンプ・アウトドア用のコンロのことを指します。 収納性があり、持ち運びが便利なように設計されています。 バーナーには多くの種類が存在し、どれを選んでいいのか分からないという場合も。

中でも、一番使い勝手が良く、キャンプやアウトドアにおすすめしたいものは断然「シングルガスバーナー」です。 シングルバーナーは、火口が1つでコンパクト。持ち運びが便利です。

シングルバーナーなら、寝起きのコーヒータイムや小腹が空いたときのインスタント食品用のお湯など、使いたいときにサッと使えますよ。 いろいろなシチュエーションで役立つアイテムです。

■シングルバーナーの種類

 

シングルバーナーには、一体型と分離型の2種類があります。

①一体型

ガスカートリッジにバーナー本体を直接取り付けて使用します。収納もコンパクトで持ち運びが楽です。 少人数での使用に適しています。 2泊3日でも使用できる機能性も持ち合わせており、キャンプだけでなくバーベキューにもぴったり。 ひとつ持っていて損はないというほどのマストアイテムです。

②分離型

燃料が本体と分離されており、ホースで燃料を送り込みます。 燃料が本体から離れているので、本体の重心が低く火力の安定感は抜群。ただし、場所を取るため持ち運びが不便です。 大人数でのキャンプ、アウトドア時に皆で共同に使えるものがひとつあると良いですね。

■シングルバーナーを選ぶポイント

ガスカートリッジとは違い、種類豊富なためどれを選んだらいいのか分かりませんよね。 そんなときには、使用するシチュエーションで選びましょう。どういうシーンでシングルバーナーを使うかです。 使用する人数・火力(料理用なのか、暖を取りたいのか)・コンパクトさなどを確認しておきましょう。

■シングルバーナーのメリット

火口が1つなので、場所を取ることなくコンパクト。気軽に持ち歩き可能です。 さらに、本体にガスカートリッジをセットするだけですぐに使用することができるので、準備の手間がかかりません。

知識を蓄えたら、さっそくアウトドアへ!

ガスカートリッジとガスバーナーを持ってきたあなたは、仲間から一目置かれるはず! 家族でのキャンプならば、お父さんかっこいい!と尊敬の眼差しで見られること間違いなしです。今年の夏は、山やキャンプ、バーベキューを思う存分楽しんでみませんか?

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00