・プロパンガス

プロパンガスの料金は基本料金×従量単価×ガスの使用量

によって計算されます。基本料金はガス"> ・プロパンガス

プロパンガスの料金は基本料金×従量単価×ガスの使用量

によって計算されます。基本料金はガス">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス代の節約 LPガス ガスの知識 プロパンガス 適正料金
2018.10.04

お得に暮らそう!一人暮らしのガス代豆知識

一人暮らしでガスを使う場合、用途としてはキッチンやお風呂、温水としての用途が一般的です。ガスには都市ガスやプロパンガスがありますが、ガスの種類によって価格が異なることや性質が異なっています。ここでは一人暮らしのガス代の平均相場を種類別に紹介していきたいと思います。

目次

種類別・一人暮らしガス代の平均相場

・プロパンガス

プロパンガスの料金は基本料金×従量単価×ガスの使用量

によって計算されます。基本料金はガスを使っても使わなくてもかかってくる料金になるので、まったくガスを使用しなくても一定の支払いは必要です。基本料金以外の費用についてはガスの使用量に応じて増えていきます。

一人暮らしのプロパンガス代の平均相場は春の時期だと約5000円、夏の時期だと約3500円、秋の時期だと3500円、冬の時期だと約5000円です。春と冬の時期が他の季節に比べてガス代が高くなっているのは、お風呂や温水を使うときに多くのガスを消費することが理由です。逆に夏はお風呂や温水で使用するガスの量が少ないので安心して使うことができます。

・都市ガス

都市ガスの料金もプロパンガスと同じく基本料金×従量単価×ガスの使用量

で計算されます。都市ガスの場合はプロパンガスに比べて料金はやや低めになっていますが、これは配管工事にかかるコストを最初に支払うことや配送コストがかからないなどの理由です。

一人暮らしの都市ガス代の平均相場は春の時期だと約4500円、夏の時期だと約3000円、秋の時期だと約4000円、冬の時期だと約6000円になります。プロパンガスと同じでガスの使用量が増える冬から春にかけて相対的に高く、ガスの使用量が減る夏から秋にかけては相対的に安くなっています。

都市ガスの方が安いというイメージがあるものの、一人暮らしで見ると、プロパンガスも都市ガスもそこまで大きな差はありません。また、一人暮らしの場合は使用量が少ないため、従量料金の高さよりも基本料金の高さの方が重要なポイントになってきます。

ガス代が会社ごとに違う理由

・ガスの自由化で自由に料金を決められるから

プロパンガス会社によって提供しているガスの価格は異なっています。ガスの価格が異なっているのは、ガス会社によって設定している基本料金や従量料金が異なることが理由です。基本料金や従量料金はガス会社が自由に決められるようになっていることが理由になります。

ちなみに、天然ガスに関しては国の規制がかかっているため、提供する金額は国のルールに基づくことになります。ガス会社が独自に料金を設定することができないので、どのガス会社と契約を結んでも基本料金や従量料金も同じになります。ちなみに、プロパンガスも以前は都市ガスと同じように国の規制がかかっていた公共料金でした。

プロパンガス会社が自由にガス代を決められるようになったことで起こったのが価格競争です。しかし、ガスの料金が自由化になったことを把握している消費者は少なく、そのまま契約している人も少なくありません。そのためプロパンガス会社も以前のままで金額を据え置いて価格競争に参加してないところもあります。自分が契約しているガス会社の相場と他のガス会社の料金を比較すると全然違うということもあります。

・料金が上がる前と後

ガス単価というのはガス会社が独自に決めるだけでなく、ガスの仕入れ値や為替相場の影響も著しく受ける特徴があります。ガス単価が上がったときに、即座に値上がりが反映されるガス会社もあれば、しばらく経ってから反映していくガス会社もあります。

ガス会社によって値上げのタイミングにずれがあるのは、値上げを遅らせている間に安さをアピールして新規顧客を獲得することも狙いです。そのため、ガス会社の乗り換えを検討しているときに他のガス会社より極端に安いガス会社と契約しても、しばらくすると値上がりして他のガス会社よりも料金が高くなってしまうようなパターンもあるので注意が必要です。

・住宅のタイプで異なる

一戸建てとマンションやアパートではガス代が異なります。これはガス会社によるガス代の違いというよりも住宅タイプによるガス代の違いに該当しますが、マンションやアパートの場合だと自由にガス会社を切り替えることができない点にも注意しましょう。一戸建ての方が相対的にガス料金は安く、自由に乗り換えすることができます。

一人暮らしの光熱費を節約しよう

一人暮らしのガス代を抑える豆知識を紹介してきました。ガス代は節約できる光熱費ですが、一人暮らしの場合だとガスの使用量を節約するよりも基本料金や従量料金が安いガス会社に乗り乗り換えした方が節約効果は高くなります。一人暮らしの光熱費を節約するためにも複数のガス会社を比較していくようにしましょう。

また、一人暮らしの場合にマンションやアパートに住んでいるとガス会社の切り替えに大家さんの許可必要となります。場合によっては乗り換えることができないこともあるので、乗り換えを検討している場合は早めに相談しておくようにしましょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00