・都市ガス

都市ガスの料金には国の規制がかかっており、どの地域においても計算方法は同じです。

都市ガス代は"> ・都市ガス

都市ガスの料金には国の規制がかかっており、どの地域においても計算方法は同じです。

都市ガス代は">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス代の節約 LPガス 料金 節約
2018.10.04

ガス代を節約する秘策、会社の乗り換えって何?

ガスには天然ガスが使用されている都市ガスと、プロパンやメタンが使用されているプロパンガスの二つがあります。どちらも家庭の熱源においては欠かせないものですが、使用量に応じてお金がかかってきます。プロパンガスと都市ガスではガス代が異なっています。ここではプロパンガスと都市ガス料金の計算方法を紹介していきます。

 

目次

プロパンガス・都市ガス料金の計算方法

・都市ガス

都市ガスの料金には国の規制がかかっており、どの地域においても計算方法は同じです。

都市ガス代は基本料金とガス単位料金と使用量をあわせて計算することができます。

たとえば、毎月のガス使用量が20㎥で、月額基本料金が1000円、1㎡あたりの金額が200円だとします。計算式に当てはめると

[基本料金1000円+1㎡200円×20㎡]=5000円になります。

このうち、使用によって変化するのは使用量のみです。ガスを使用しなくても基本料金はかかってきます。ガスの使用量が少ない家庭だと基本料金の安さがポイントになり、逆にガスの使用量が多い家庭だと基本料金よりもガス単価が安い方が重要になってきます。

・プロパンガス

プロパンガスの料金も都市ガスの料金と同じで、基本料・ガス単価、ガス使用量で計算することができます。ちなみに、ガス会社によって設定されている基本料金やガス単価などは異なっています。基本料金が少しでも安いガス会社を消費者は選ぶので、ガス会社にとって不都合な基本料金は明細書に記載してないケースもあります。

プロパンガスは都市ガスに比べると少し高めの金額になっています。

たとえば、毎月のガス使用量が20㎥で、月額料金が1500円、1㎥あたりの金額が300円だとします。計算式に当てはめると

[基本料金1500円+1㎥300円×20㎥]=7500円になります。

少しでもプロパンガスの料金を安くするためには、基本料金が安くてガス単価が安いガス会社を選ぶのがポイントです。ちなみに、ガス料金は自由化が決まったことによって、自分で自由にガス会社を選べるようになっています。この事実を知らず、固定費の光熱費として支払っている消費者も少なくありません。

ガス代節約には会社の乗り換えが有効

ガス代を少しでも節約するためには、基本料金が安いことやガス単価が安いガス会社を選ぶのが基本になります。ガス会社によって金額が異なっているのは、ガスが自由化になって価格競争が必要になったことが理由です。一昔前は業者固定で消費者がガス会社を選択することはできませんでした。今はより安いガス会社を選んで利用できるようになっています。

ガス会社を乗り換えることでガスを節約することなくガス料金を大幅に減らすことができます。たとえば、基本料金が1500円のガス会社と1300円のガス会社では

[基本料金1500円+1㎥300円×20㎥]=7500円

[基本料金1000円+1㎥300円×20㎥]=7000円

と、月額で500円の節約が可能です。逆に基本料金が1500円で同じでもガス単価が300円と400円では

[基本料金1500円+1㎥300円×20㎥]=7500円

[基本料金1500円+1㎥250円×20㎥]=6500円

と、月額で1000円の節約が可能です。

このように基本料金やガス単価が少し変わるだけで毎月の節約効果はかなり変わってきます。ガス会社を乗り換えることは直接的な節約効果をもたらします。ガス料金は毎月支払いが必要になるお金なので、少しでの節約でも年間で通してみると大きな節約につながってきます。

ガス会社を乗り換えるときは、現在契約しているガス会社との契約を解除しなければなりません。その際、契約内容によっては別途で手数料が必要になることがあります。手数料が多くても、乗り換え先のガス会社が一定の額を負担してくれるようなケースもあるので事前に相談しておくと安心です。

ガス会社の乗り換えをする場合は、ネットのガス会社一括見積もりサイトの利用をすると便利です。複数のガス会社の基本料金やガス単価を一気に比較してもらうことができます。その中で少しでも安いガス会社を選んで乗り換えるとお得です。ガス会社の乗り換え自体はガス会社の方で進めてもらうことができるのでスムーズです。

プロパンガスのガス会社を見直してみよう!

ガス代は光熱費の一つですが、安くできる料金の一つです。ガス代の支払いを少しでも安くするためには自分が契約しているプロパンガス会社のガス料金が相対的に安いか高いかを調べ、他に安く契約できるガス会社がある場合は乗り換えの検討をおすすめします。ガス会社の見直しをするだけで節税効果はかなりの高さです。

また、プロパンガス会社の見直しをする場合はガスの使用状況に応じて選んでいくことも大切です。単身世帯のようにガスの使用量が少ない家庭であれば、基本料金の安さを重視し、家族世帯のようにガスの使用量が多い家庭であれば、基本料金よりもガス単価が安いところを選んでいくことが大切です。少しでもガス代の節約をするためには、家庭でどれくらいのガスを使用しているのかあらかじめチェックしておく必要もあります。ガスの使用量に応じてガス会社の乗り換えを検討していきましょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00