・二部料金制

もっともスタンダードな料金形態になっています。基本料金と従量単価と使用量をあわせて計算することができます。基本料金や従量単価が安いガス会社ほど、安くガスを使うこ"> ・二部料金制

もっともスタンダードな料金形態になっています。基本料金と従量単価と使用量をあわせて計算することができます。基本料金や従量単価が安いガス会社ほど、安くガスを使うこ">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 LPガス ガスの知識 プロパンガス
2018.11.03

LPガス金額の平均はどのくらい?

LPガスの料金は、[従量単価×使用量+基本料金]で計算することができます。基本料金や従量単価はガス会社が独自に決められる【自由料金】なので、契約するガス会社や契約内容によって大きく異なる場合があります。ちなみに、プロパンガスは契約するガス会社によって提供するガスの品質が変わることはありません。全国どこでもプロパンガスの成分はほぼ同一です。サービスに対する感じ方や考え方は消費者によって様々ですが、危険物を取り扱う業者としてサービス面で大きく変わることはありません。

ガス代が安いガス会社と契約することが出来れば、ガス代の有効な節約方法にもなるのです。また、LPガス料金の算出方法は料金体系によっても異なってきます。ここでは、四つの料金体系とLPガス料金の算出方法を紹介します。

目次

LPガス料金の算出方法

・二部料金制

もっともスタンダードな料金形態になっています。基本料金と従量単価と使用量をあわせて計算することができます。基本料金や従量単価が安いガス会社ほど、安くガスを使うことができます。

・スライド制

基本料金はそのままで、従量単価が使用量によって変動する料金形態です。多く使えば使うほど、1m3あたりの単価が安くなっていく仕組みです。そのため、ガスを多く使用する家庭におすすめの料金形態になります。また、最初に設定されている従量料金は二部料金制に比べると高めに設定されていることが多いため、ガスの使用量が少ない家庭だと二部料金制よりも損をする料金形態です。

・三部料金制

三部料金制は基本料金と従量料金に設備使用料をプラスした料金形態です。二部料金制やスライド制は設備使用料が基本料金や従量料金に含まれている形になっています。三部料金制は設備使用料を別にすることで、基本料金や従量料金を抑えるという仕組みです。この料金形態は設備使用料が固定になるため、多くガスを使用するほど二部料金制よりもお得になり、ガスの使用量が少ないと損になります。

・原料費調整制度

基本料金と従量料金で計算されるという点では、二部料金制と同じになっています。二部料金制と違うのは、原料費に応じて基本料金と従量料金が毎月変わってくるという点です。二部料金制も定期的に料金が見直しされますが、原価が下がってもすぐに反映されるわけではありません。その点、原料費調整制度は原価が下がったらすぐに料金が下がります。逆に原価が上がったときは値上げもすぐに反映されるので損をします。

夏季・冬季別のLPガス料金の平均値とは

LPガス料金は使用量によって変わるため、シーズンによっても差が生じます。家庭でガスを使用するシーンとして多いのは調理やお風呂です。物を温めるためにガスを使用することから、気温が低い冬の方が気温の高い夏に比べるとガスの使用量も増える関係性にあります。ここでは、夏季と冬季別のLPガス料金の平均値について紹介していきます。

・夏季のLPガス料金

夏季はもっともガスの使用量が減るシーズンになるので、LPガス料金もシーズンを通してもっとも安くなります。特にLPガス料金が下がるのは7月から9月になります。ガス代の平均については1人世帯の場合は約2000円、2人世帯の場合は約3000円、3人世帯の場合は約3500円、4人世帯の場合は3500円です。

世帯人数が多くなるほどガス代が高くなるというわけではありません。ガスの使用目的が調理やお風呂であり、人数が増えたからと言ってガスの使用量が増えるわけではないからです。また、スライド制などの料金形態であれば、使用量に応じて従量単価が下がるため、人数が増えることによるガス代の増加よりも、従量料金が減ることによるガス代の低下の方が大きくなることもあります。

・冬季のLPガス料金

冬季はもっともガスの使用量が増えるシーズンになるので、LPガス料金もシーズンを通してもっとも高くなっています。特に高騰するのが1月から3月の間で、ガス代の平均は1人世帯だと約3500円、2人世帯だと約5500円、3人世帯だと約6500円、4人世帯だと6500円です。

夏季と同じく世帯人数が増えるにつれて、ガス代の増加は緩やかになっています。これもスライド制などを取っている家庭だと人数が増えることによるガス代の増加よりも、従量料金が減ることによるガス代の低下の影響が大きくなるからです。

LPガスの金額の平均値を把握しよう

LPガスの平均値を把握することによって、自分が支払っているガス代が相場に比べて高いか低いかを知ることができます。ただし、ガス代は世帯人数やシーズン、エリアによって異なるので、LPガスの金額の平均値を把握するときは世帯人数、シーズン、エリアが適していることを条件に把握することが大切です。

また、LPガスの料金形態は二部料金やスライド制、三部料金や原料費調整制度などがあります。料金形態によってガスの平均値も異なってくるため、料金形態についても事前に確認しておきましょう。

もし、LPガスの平均値を把握して相場に比べて支払っているガス代が高いと感じるときはガス会社の乗り換えを検討してみるのもお勧めです。ガス代の節約はガスの使用量を減らすよりも、安いガス会社に乗り換える方が節約効果の即効性も高くおすすめします。ガス代は光熱費の中でも節約しやすい料金です。しかし、節約することができないと思っている方も少なくありません。まずは、ガス料金の見直しから始めましょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00