・2人世帯のガス代平均

2人世帯のガス平均はだいたい5000円です。世帯人数が少ないことを考慮すると、ガスの使用量もそこまで多くありません。そのため、従量料金よりも基本料金が"> ・2人世帯のガス代平均

2人世帯のガス平均はだいたい5000円です。世帯人数が少ないことを考慮すると、ガスの使用量もそこまで多くありません。そのため、従量料金よりも基本料金が">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 LPガス ガスの知識 料金 節約
2018.11.03

うちのガス代は高い?安い?ガス代の目安を知る方法

毎月の光熱費の支払いにガス代も含まれます。ガスは熱源として欠かせないエネルギーで、料理やお風呂などに多く使用します。ガス代を少しでも節約したいのであれば、プロパンガスならガス会社を乗り換えることによって節約することもできます。ガス代はガス会社によって設定している金額が異なっているためガス料金の目安を知ることは大切可能です。しかし、ガス料金は世帯構成によって大きく異なります。ここでは、世帯数ごとのガス代平均について紹介します。

目次

世帯数ごとのガス代平均

・2人世帯のガス代平均

2人世帯のガス平均はだいたい5000円です。世帯人数が少ないことを考慮すると、ガスの使用量もそこまで多くありません。そのため、従量料金よりも基本料金がガス代全体に与える影響が大きくなっています。

・3人、4人

3人、4人世帯のガス平均はだいたい6000円です。2人世帯と3人世帯では1000円もの差があるのに対して3人世帯と4人世帯ではほとんど変わらないのが特徴になっています。

・5人、6人

5人、6人世帯のガス平均はだいたい6500円です。3人、4人世帯と500円程度しか変わりません。このように、世帯人数が少ないほど1人の増減でガス代が大きく変わり、世帯人数が多いほど1人の増減でガス代が小さくなる特徴があります。

・エリアによってガス代は大きく変わる

住んでいるエリアによって同じ世帯数でもガス代の平均は大きく異なっています。日本海外や北海道など冬季に雪が多い地域や気温が低い地域だと、それだけ多くのガスを消費するため、他のエリアに比べるとガス代の平均が高くなっています。

また、ガス代にはガスを輸送するコストも含まれているため、起点となる関東から離れているほどガス代の平均が高くなる関係性もあります。ガス代の平均を参照するときは、自分の住んでいるエリアのガス代平均と照らし合わせていく必要があります。

プロパンガスと都市ガスの料金の目安

プロパンガスと都市ガスの料金を比較した場合、一般的にはプロパンガスの方が料金は高めに設定されています。しかし、プロパンガスが高いからと言って都市ガスの方がいいというわけではありません。ここでは、プロパンガスと都市ガスの料金の目安を紹介すると共に、それぞれの料金形態の違いについても紹介します。

・プロパンガスと都市ガスの料金が違う理由

プロパンガスと都市ガスで料金が大きく異なっているのは、設備コストの違いが大きく関係しています。プロパンガスは設備コストがかからない代わりに、基本料金や従量料金が高めに設定されています。都市ガスの場合は、最初に数十万円の設備コストを支払う代わりに、基本料金や従量料金は安くなっています。プロパンガスと都市ガス料金の目安を参考にする場合は設備コストの有無についても考慮しなければなりません。

・プロパンガスの料金の目安

プロパンガスの料金は、従量料金と基本料金と使用量によって変わります。プロパンガスの場合は基本料金が平均で1500~2500円、従量料金が250~350円になっています。エリアによって異なるため、住んでいるエリアのプロパンガス料金を目安にしましょう。

・都市ガスの料金の目安

都市ガスの料金も、プロパンガスと同じで従量料金と基本料金と使用量によって変わります。都市ガスの場合は基本料金が1000円~2000円、従量料金が150円~250円になっています。

ちなみに、エリアによっては都市ガスよりもプロパンガスが安い場合もあります。これはプロパンガス会社が独自に料金を設定することができるためで、消費者優先の料金設定にしていれば、あらかじめ決められている公共料金の都市ガス料金を下回ることもあり得るためです。

ガス料金の目安を知ることは大切

世帯構成によってガス代は大きく異なり、住んでいるエリアによっても異なってきます。自分の住んでいるエリアのガス代をきちんと把握することは、ガス代を見直す上で重要になってきます。ガス料金の目安を知ることによって、新しくガスの契約をしようとする場合の参考にもなります。ガス料金の目安を知るためにも、まずは相場を抑えておく必要もあります。

また、都市ガスとプロパンガスの違いについても把握しておきましょう。契約しているガスのタイプが都市ガスかプロパンガスかによって料金の目安は異なってきます。都市ガスの場合だと公共料金なので見直しはあまり必要ではありません。しかし、プロパンガスの場合だと自由料金になっているので、ガス会社が変わるだけでガス代も大きく変わることがあります。

ガス代を節約することで光熱費のコストを下げることができます。しかし、ガス代の節約と言えばガスの使用量を減らすのが一般的な方法として知られていますが、プロパンガスに関して言えばガス会社を変更することの節約効果の方が高いこともあります。同じガスの量を使用して、それでいてガス代が安くなるのであれば、それに越したことはありません。複数のガス会社の料金を比較するサービスもあるので、積極的に活用してガス代を抑える努力をしましょう。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00