プロパンガスは都市ガスに比べるとガス料金が高いと一般的に言われています。その理由として、導入コストの違いが挙げられます。賃貸物件を建築する際には、ガスを設置する必要があります。

 都市ガスもプロ"> プロパンガスは都市ガスに比べるとガス料金が高いと一般的に言われています。その理由として、導入コストの違いが挙げられます。賃貸物件を建築する際には、ガスを設置する必要があります。

 都市ガスもプロ">

プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

基礎知識 LPガス ガスの知識 プロパンガス 料金
2018.11.06

ガス料金はどのように決まる?価格決定の内訳

不動産の空き情報を閲覧する際、賃貸物件の詳細をよく見ると、ガスの種類が異なっていることがあります。プロパンガスか都市ガスのうちのどちらかになっていることが一般的です。特に賃貸物件を借りようと思っている方は、両者の違いを知っておく必要があります。

目次

プロパンガスと都市ガスの違いとは

プロパンガスは都市ガスに比べるとガス料金が高いと一般的に言われています。その理由として、導入コストの違いが挙げられます。賃貸物件を建築する際には、ガスを設置する必要があります。

 都市ガスもプロパンガスも、どちらも配管工事を行わなければなりません。ただプロパンガスを設置する際には、配管工事費などが無料となっていることが多く、その分ガス料金を高くし、配管工事費を少しずつ回収しています。

プロパンガスと都市ガスの大きな違いはガス料金です。プロパンガスは最初からガス料金が高いものですが、料金を比較した場合、例えば関東エリアではプロパンガスの料金は都市ガスの1.89倍となっています。また全国での比較では1.86倍となっています。いずれにしても2倍近く高いといえます。かなりの料金差があるといっていいでしょう。

都市ガスはガス管を通じて入居者の元にガスを届けていますが、プロパンガスの場合は液体ガスをボンベに詰めて運び、それを入居者のいる住宅に設置します。ボンベは思った以上に重く、また慎重に運ばなければなりません。入居者のいる住宅に設置するのに意外と時間がかかってしまいます。そのため、プロパンガスは都市ガスに比べて一般的にかなり高くなってしまいます。

プロパンガスはボンベを設置して使用しており、災害時にはガス機器の安全性が確認できればすぐに使用することができるようになります。それに対して都市ガスはしばらく使用することができないものです。プロパンガスのメリットは災害時の復旧の早さといえるでしょう。

ガス料金を算出する方法とは

一般にガスというとプロパンガスと都市ガスに分類されますが、それぞれのガスについてガス料金が異なっていますし、またガス料金の算出方法も異なっています。そのため、どのようにガス料金が決まるのか、それぞれのガスについて知る必要があります。

都市ガスに比べて割高なプロパンガスですが、これは4種類の料金の算出方法に別れています。まず二部料金制ですが、これは他の種類に比べて最もシンプルな料金体系で、多くのプロパンガス会社が採用しています。基本料金と従量料金を合わせたものです。従量料金は使用量に従量単価をかけたものになります。

2つ目はスライド制です。このタイプは基本料金に従量単価をかけたものがガス料金になります。二部料金制に似ていますが、二部料金制は従量単価が固定しているのに対し、スライド制は使用量に応じて料金が変わります。この点が二部料金制と異なっています。

3つ目は三部料金制です。これは二部料金制の基本料金と従量料金に設備使用料がプラスさされているものです。設備使用料はガスメーターや自動切り替え式圧力調整器、集中監視システムといったものの使用料になります。二部料金制では設備使用料が基本料金に含まれていますが、三部料金制では設備使用料が分かれているため、より料金の内訳がはっきりしてわかりやすいといえます。

4つ目原料費調整制度です。これは、プロパンガスを輸入した際の価格と販売価格がリンクした料金体系です。輸入した際の価格によってガス料金が安くなったり高くなったりします。そのため、わざと値上げをしたりすることを防止しやすく、透明性が高いといえます。

消費者にとって理想的な制度ですが、この制度は都市ガスで多く採用されています。

一般的に、プロパンガス会社では二部料金制を採用していることが多く、プロパンガスに比べてずっと安い都市ガスでは原料調整制度を採用しているといえます。プロパンガス会社によってこれらのガス料金制度が異なっており、プロパンガス料金によっては都市ガスに比べてずっと高くなってしまうケースも見られます。よく都市ガスに比べてプロパンガスの方が高いと言われていますが、それはプロパンガス会社によって採用している料金体系が異なっており、中にはガス料金が高くなる計算方法になるものがあるからなのです。

ガス料金の価格の仕組みを知ろう

ガス料金は都市ガスとプロパンガスによって、非常に大きな差が見られます。都市ガスよりもプロパンガスの方が価格が高くなりがちですが、プロパンガス会社によって料金体系の選択が異なっていることがその原因です。そのため、入居している建物にプロパンガスを設置している会社の選択しているガス料金が高いと、入居者が支払うガス料金が高くなってしまうのです。プロパンガスによっては都市ガスと比べて思った以上に高くなる場合もあったり、少し高くなるケースがあるなど、建物によって大きく異なります。

0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00