プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.10.14
LPガス 乗り換え 料金 節約

プロパンガス代を削減する乗り換え方法&手順とは

・プロパンガス代の基本料金

プロパンガスの基本料金は毎月かかってくる一定の料金になります。基本料金は1000円から2000円くらいで設定しているガス会社が多く、ガスを一切使用しなくても契約している以上は発生してきます。基本料金の中にはガス会社の利益だけでなく、ガス設備にかかった費用やメンテナンス、ガスの配送コストなども含まれています。固定になるため、ガスの使用量が少ない個人世帯だと、基本料金が安いほどお得になります。

・プロパンガス代の従量料金

プロパンガスの従量料金は1㎥あたりのガスの単価になります。従量料金は300円から500円くらいが平均的な相場となっており、従量料金にガスの使用量をかけることでガス代の計算ができます。この従量料金に使用量をかけた金額に基本料金をプラスするとプロパンガス代になります。

ちなみに、従量料金は一定ではなく変動することがあります。従量料金はガスの単価になるため、ガスの原価が変わった場合や為替変動が起こったときに価値が変わってしまうことが原因です。一定ではないため、常に従量料金の動きをチェックしておく必要があります。

・プロパンガス代の設備費用

プロパンガス会社によっては基本料金や従量料金に設備投資の費用を乗せるのではなく、別に請求する三部料金制度を取っているところもあります。設備費用がかかる代わりに、基本料金や従量料金は二部料金制度を取っているガス会社よりも安くなっています。トータルでも他のガス会社より安くなる場合もあります。

2018.10.14
LPガス ガス会社 価格 料金

プロパンガス会社を乗り換わる利点にはどんなものがある?

・二部料金制

プロパンガスの二部料金制は、基本料金と従量料金を合算して計算されます。基本料金というのは毎月必ずかかってくる費用のことで、従量料金はガス1㎥当たりの単価です。基本料金や従量料金は固定になっているため、ガスの使用量に応じてガス代が変化していきます。

・スライド制

二部料金制では従量料金が固定になっていますが、スライド制では使用量に応じて従量単価が下がっていく計算です。そのため、スライド制においてはガスの使用量が多くなればなるほど、お得になる料金形態になります。逆に使用量が少ないときは二部料金制と比較して割高になってしまいます。

・三部料金制

三部料金制は、基本料金と従量料金に設備使用料が加算される料金設定です。設備使用料の内訳としてはガスメーター、自動切り替え式圧力調整器、集中監視システムなどです。これらの設備使用料は従量料金や基本料金に含まれているガス会社も多いので、三部料金制は二部料金制に比べると基本料金や従量料金が安くなっています。

・原料費調整制度

原料費調整制度はプロパンガスの輸入価格を一般利用者の販売価格に連動させていく料金スタイルです。この料金形態のメリットは透明性が高いことになります。二部料金や三部料金制で起こりやすい作為的な値上げが起こるリスクもありません。公共料金の都市ガスで採用されている料金形態になるので安心です。

プロパンガスの料金形態を知り、相場を知ることで契約しているガス会社の契約内容で損をしてないかどうか知ることができます。

2018.10.09
LPガス ガス会社 プロパンガス 価格 料金

プロパンガス価格の相場はどのくらい?ガス会社の変更とは

・プロパンガスの相場を知る前に知っておきたいガス価格の仕組み

プロパンガスの相場を知る前に知っておきたいのがガスの価格はどうやって決まっていくのかについてです。ガスの価格は使用量に応じて変わるだけでなく、設定されている基本料金やガスの単価によっても変わってきます。ちなみに、ガスの単価はガスの価格の中で従量料金と表示されています。通常、従量料金は1㎥当たりの金額で表示されています。

ガス価格の仕組みを簡単にすると、[ガスの基本料金+従量料金×使用量]です。プロパンガスの価格の相場をチェックするときは合計の金額だけで見るのではなく、基本料金や従量料金が他のガス会社に比べてどうなっているのかについても確認しておきましょう。ガスの相場を比較するときは、個々の価格を見ながら総合的に判断していくのがコツです。

・プロパンガスの価格の相場

プロパンガスの価格の全国相場は、基本料金が約1900円、従量料金が約500円になっています。一般的な世帯の場合は、一ヶ月のガス使用量の平均が約20㎥になるので、プロパンガスの月あたりの価格平均は約11900円になります。

ちなみに、アパートやマンションになると基本料金は約2100円になります。これはアパートやマンションの集合住宅の方がプロパンガスの設備の維持管理費用が多く掛かることが理由です。また、アパートやマンションだと大家の許可なしに自由にプロパンガス会社を変更することができないので、ガス会社も強気な金額設定しやすいことなどが理由としてあります。

プロパンガスの価格が安いガス会社にガス会社の乗り換えをすると節約することができます。ただし、相場よりも大幅に安いガス料金で設定しているときはガス会社の経営に負担がかかっていることになり、確実に従量料金の値上げが発生しています。ガス会社の乗り換えで理想なのは、相場よりも少し安いガス会社に乗り換えをすることです。

2018.10.09
ガスの知識 ガス会社 料金 節約

ガス料金を見直してお得に暮らそう

・全国のガス料金の適正価格

プロパンガス料金は地域によって異なる特徴があります。全国的な水準から考える適正価格は基本料金が1500円、従量料金は300円台です。平均的なガス料金は基本料金が2000円、従量料金が500円ですが、この料金は適正価格とは言えません。不当に料金を釣り上げている業者が多いことを示しています。

基本料金や従量料金が逆に低すぎるガス会社も注意が必要です。ガス代はガス会社が自由に設定できるようになっているので、最初は安い料金で提示して利用者が増えたところでじわじわ値上げしてくるようなガス会社もあります。そのため、ガス会社を選ぶときはガス料金が高すぎず、なおかつ安過ぎない低価格で設定しているところがおすすめです。

・地域によって適正価格が異なる理由

プロパンガスはサウジアラビアなどの原産国から輸入したものを家庭用に供給しており、輸入の拠点に近い都市部ほど安くなっています。逆に都市部から離れた地方や山岳地帯など拠点から距離が遠くなればなるほど、配送コストが余分にかかってしまうので全国の相場よりもガス料金が高くなってしまいます。ガス料金を見直すときは、自分の住んでいる地域のガス代の相場を先に把握しておく必要があります。同じ地域でもアクセスの良し悪しで料金が変わることもあるので注意しましょう。

2018.10.04
LPガス 料金 節約

ガス代を節約する秘策、会社の乗り換えって何?

・都市ガス

都市ガスの料金には国の規制がかかっており、どの地域においても計算方法は同じです。

都市ガス代は基本料金とガス単位料金と使用量をあわせて計算することができます。

たとえば、毎月のガス使用量が20㎥で、月額基本料金が1000円、1㎡あたりの金額が200円だとします。計算式に当てはめると

[基本料金1000円+1㎡200円×20㎡]=5000円になります。

このうち、使用によって変化するのは使用量のみです。ガスを使用しなくても基本料金はかかってきます。ガスの使用量が少ない家庭だと基本料金の安さがポイントになり、逆にガスの使用量が多い家庭だと基本料金よりもガス単価が安い方が重要になってきます。

・プロパンガス

プロパンガスの料金も都市ガスの料金と同じで、基本料・ガス単価、ガス使用量で計算することができます。ちなみに、ガス会社によって設定されている基本料金やガス単価などは異なっています。基本料金が少しでも安いガス会社を消費者は選ぶので、ガス会社にとって不都合な基本料金は明細書に記載してないケースもあります。

プロパンガスは都市ガスに比べると少し高めの金額になっています。

たとえば、毎月のガス使用量が20㎥で、月額料金が1500円、1㎥あたりの金額が300円だとします。計算式に当てはめると

[基本料金1500円+1㎥300円×20㎥]=7500円になります。

少しでもプロパンガスの料金を安くするためには、基本料金が安くてガス単価が安いガス会社を選ぶのがポイントです。ちなみに、ガス料金は自由化が決まったことによって、自分で自由にガス会社を選べるようになっています。この事実を知らず、固定費の光熱費として支払っている消費者も少なくありません。