プロパンガス料金の診断サイトプロパンガス料金節約ラボ

tel 0120-971-589 平日 9:00 - 19:00 土日祝 9:00‐16:00
menu

※開栓・閉栓・契約内容の確認などには対応しておりません。ご注意ください。

ガス料金節約術コラム一覧

2018.09.01
LPガス 防災

【防災の日】プロパンガス(LPガス)で「もしもの時の備え」やっていますか?

プロパンガスは災害に強い分散型エネルギーです。

【分散型エネルギー】
プロパンガスが【災害に強い】と言われる最大の理由は、「分散型」と呼ばれるガスの供給形態にあります。各家庭(1戸)ごとに個別に供給しているので、災害が起きた後でも復旧が早いのです。ガス器具や配管など供給設備の点検も1戸単位の確認なので、短時間で済み、安全が確認されれば迅速な復旧が可能なのです。

それに比べると都市ガスは地中の導管を使いガスを供給する集団供給です。異常個所の特定や安全確認に時間を要し確認できるまではガス供給が再開されませんので復旧には相当な時間がかかります。

最近の大きな地震や災害でも、プロパンガスは大活躍。家屋が被災したり倒壊した場合に、避難所が開設されます。そこでもプロパンガスは大活躍をしています。

給湯や煮炊きをするときに使うだけでなく、プロパンガスを接続し発電機で電気を作ったり、その電気を利用して冷房や暖房のエネルギー源としても使うことが出来ます。プロパンガスはガスボンベに充填され持ち運びも容易なことから避難所などにも迅速に運び設置することが出来るのです。

【災害対応型LPガスバルク供給システム】
大きな設備として、"災害用LPガスバルク供給システム"にも注目が集まっています。これは、人が大勢集まる場所(学校・病院・商業施設・公共施設・福祉施設・保育所など)に設置することで、災害時に活躍してくれることが期待されています。

経済産業省資源エネルギー庁でも、平成30年度「災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金(災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業のうち、石油ガス災害バルク等の導入に係るもの)」に係る補助事業者の公募をしていました。
補助金の申請には申請期間や条件が定められています。設置を検討される場合には、早めにガス会社や専門業者に相談しましょう。
参考リンク:石油ガス災害バルク等導入補助金事業

昨今、地震や台風、異常気象により急な天候の変化などの自然災害が多く発生し被害が増えています。都市部では、災害時には交通網が麻痺し大勢の人が帰宅困難者になっていますよね。企業でも自社ビルに災害用LPガスバルク供給システムを導入し、もしもの時に備える会社も出てきました。災害に対する備えへの考え方が変化が感じられますね。

9月1日が【防災の日】になった災害・要因

《関東大震災》
大正12年(1923年)9月1日11時58分44秒に伊豆大島付近、相模湾北西部の相模トラフを震源とする海溝型大地震【関東大地震】が発生。マグニチュード7.9・震度6の規模で南関東一円を中心に死者・不明者14万2,807名、家屋全半壊25万4千件余り、焼失した家屋44万7千余り、山間部では山崩れが多数発生し海岸部では津波も発生。地震発生時間がお昼時であったことから火災の発生により被害も増大しました。

《伊勢湾台風》
昭和34年(1859年)9月26日18時頃和歌山県潮岬の西に上陸した台風。上陸時の中心気圧は929ヘクトパスカル。暴風・高潮により海抜0メートル地帯は大きな被害となった。九州を除く全国で大雨となり、紀伊半島では総降水量が800㎜を超えた。この時、全国的に防災体制や避難誘導が不十分でした。被災住民のほとんどが自分達の住んでいる場所の海抜高度が低い事や、停電により必要な情報が届かなかったことも被害が大きくなった原因とされています。

9月1日の【防災の日】には、関東大地震のことを教訓として防災対策や防災意識を高めるためと、この時期は台風も多く発生するので災害について認識を深めるため、各地で様々な防災訓練や防災フェアなどの啓発活動が行われています。

2018.06.28
LPガス ガスの知識 ガスボンベ プロパンガス 防災

知ってて良かった!ガスが止まった時の対処法

普段当たり前のように使っているガス。そのガスが突然止まってしまったら、あなたはどうしますか?まず、焦ってパニック状態に陥りそうですが、いったん落ち着きましょう。ガスが止まる原因としては、いくつか理由が考えられます。

・ガスの元栓が閉まっている
・料金が支払われていない(振込忘れや引き落とし口座の残高不足)
・震度5以上の地震の発生
・多量のガス漏れ
・ガス機器の長時間使用
・ガス圧低下

何かの原因でプロパンガスが使用できなくなってしまっても通常の場合、ガスの復旧に日にちや時間がかかることはあまりありません。それでも、急にガスが止まってしまった場合、どう生活をしていけばいいでしょうか。まず、ガスコンロが使えなくなった場合、カセットコンロで代わりが務まります。カセットコンロが1台あれば、いざ自然災害が起こった時でも大変役立つことでしょう。
一家に1台、緊急時用として置いておいても損はしないでしょう。

ガスが止まると給湯器も使用できなくなるため、お湯が使えなくなります。電気が止まっていないことが前提となりますが、飲料として使用するには、電気ケトルで沸かしてお湯を作ることが可能ですね。また、ガスを使わずに調理することのできる食料を備蓄しておくことで、数日の間ガスが使えない状況になったとしても安心できます。例えば、電子レンジや炊飯器などを使った食料やインスタント食品、缶詰などを用意しておくと良いでしょう。

お風呂は、真夏ならば水風呂もアリかもしれませんが、極力避けたいですよね。近くにあるスーパー銭湯やサウナなどを探しておくと良いでしょう。

重要なのは、日頃から備えをしておくこと、ということですね。

2018.06.09
LPガス ガスの知識 プロパン 防災

ガス機器のお手入れ方法は?点検と安全な取扱いについて

・ガスコンロ
ガスコンロは各部位を外して、中性洗剤を使用して水洗いをします。汚れがこびりついている場合は、お湯の方が落ちやすいですよ。バーナートップは取り外して、汚れで目詰まりしないように器具ブラシ・針金などでしっかりと汚れを落としていきましょう。バーナー中心部の温度センサーの汚れは、濡れぶきんなどで拭き掃除をします。点火プラグ横の立ち消え安全装置の汚れは、歯ブラシなど身近にある柔らかなブラシでこすって汚れを落とします。ダクト内、換気扇はこまめに掃除を行い、いつでも清潔な状態を保ちましょう。

正しくガスコンロを使用するためには、揚げ物の調理のときやグリルを使用しているときなどに、その場から離れないこと。来客や電話などがあった場合、必ず火を止めることを習慣づけましょう。

・ガスストーブ
給気口のホコリ・ゴミは、掃除機で簡単に吸い取ることが可能です。ホコリが積もっていると、不完全燃焼の原因となりますので、注意しましょう。取扱い方法としては、ガスストーブ付近やガスストーブの上部に燃えやすいものは絶対に置かないこと。洗濯ものや洋服もそうですが、ソファーやクッション、カーテンといったものの近くにガスストーブを設置するのは、大変危険です。

小さなお子様がいるご家庭ではやけどなどにも十分注意を払いましょう。専用のストーブガードも販売されていますが、ペットサークルなどを有効利用してガスストーブ付近を囲う事も出来ます。小さいお子様やペットが安易に近づくことも防止でき、大変便利です。但し、熱に弱い素材のものは絶対に使用しないで下さい。
また、30分に1回程度は新鮮な空気を取り入れて換気するよう心がけましょう。

・ガスの冷暖房機器
エアコンやファンヒーターは、裏側のエアフィルターの掃除を定期的に行いましょう。

・ガスの風呂釜
上部循環口と下部循環口に水道ホースを入れ、水を強く流し込むと、水が循環してきれいになります。また、煙突式の風呂釜を使用している場合は、お風呂を沸かしているあいだやシャワーを使用しているときにキッチンの換気扇を同時に使用すると、風呂釜の排気が室内に逆流して、一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあります。充分に注意しましょう。

・ガスホース(ガスコード)
ひび割れを発見したり、硬くなってきたり、古くなってきたら、早めに取り替えましょう。ゴム管は石鹸水を塗れば、簡単に「ガス漏れチェック」を行うことが可能です。ゴム管から泡が出てきたら、穴が空いていてガスが漏れている合図。すぐに取り替えなければ危険です。

・小型湯沸器
上部(防熱版の下)に汚れ・ホコリ詰まりがないかチェックしましょう。汚れていたり、詰まっていたり、使用中に火が消えてしまうような場合はメーカーもしくは購入店に点検や修理を申し込んでください。また、浴槽や洗濯機への給湯、シャワー、洗髪などで長時間使用していると、不完全燃焼の原因となります。充分注意して使用してください。

2018.03.12
LPガス 災害 防災

あれから7年 3.11を迎えていま想うこと

2011年(平成23年)3月11日 午後2:48【東日本大震災】は起きた。

朝、TVを付けるとニュースでこの話題。
震災の起きた日、私は職場にいた。ものすごく長い揺れと恐怖で動けなくなった。時間が経つにつれ被害が甚大であることがわかったが、何も手につかなかった。当然、家族の安否確認も出来ず確認が取れたのはその日の夜遅くだった。目の前で起きていることが信じられず胸が苦しくなったことだけは今でも鮮明に覚えている。あの日以来、大雨が降り川の水かさが増し大きな音を立てて流れていると、足をすくわれるような気がして近づくことができない。

誰かが言った。「記憶は風化させても良いが、記録は風化させてはならない」と、この言葉は、経験した人だからこそ言える言葉なのだろう。大切な家族や友人を失った悲しみは、生涯消えることはない。しかし、そのことばかりを考えていては前に進むための一歩を踏み出せない。だからこそ、つらい記憶は心の片隅にそっと置いても良いのかもしれない。

TVのアナウンサーが、今まで縁のなかった東北地方へ震災をきっかけに現状を伝えるべく足を踏み入れてから、毎年訪れているとか・・・これも【縁】
はじめは、現場の状況を多くの視聴者に伝えることと、被害にあった方々を励ますつもりでいたそうだ。時が経つにつれ、いつしか自分が元気をもらって帰ってくるようになったと話をしていた。

支援とは、目に見えるものだけでなく、足を運ぶ・地元の方々と交流しその土地のものを購入する、食事をすることでも支援になるのだ。

つらい現状や、惨状を目の当たりにするのはつらいことかも知れない。だが、いまなお、その土地で暮らし、必死で生きている人達がいるのだから目をそらさずに向き合っていきたい。

明るいニュースも聞こえてきた、福島県相馬市の松川浦漁港では3月5日(月)の朝、震災後、途絶えていた【青のり】の出荷が再開された。7年ぶり東京電力福島第一原発事故による汚染も懸念されたが、収穫ごとに放射性物質を検査し基準をクリアしたものが出荷される。出荷量は震災前の10分の一。
震災前にあった養殖棚は津波により全て流され、残ったのは途方に暮れるほどの瓦礫の山。

瓦礫の撤去に3年、そこから養殖棚を再建し4年目の初出荷。しかし、養殖棚は1500棚。まだ、震災前と同じとはいかない。相馬の青のりは、色も香りも良いのが特徴。是非とも食してみたいものだ。

朝日新聞DIGITALに【東日本大震災7年 3.11 震災・復興】と題した記事を見つけた。

その中に【いま東北へ】と題した記事であれから7年。被災地に訪れた人の数だけ、魅力と思いがある。東北へいこうと書いてあった。被災地には、新しいふるさとが次々と生まれ、商業施設や民家、災害公営住宅などが建設され、日常が戻ってきた。復興への思いから、新たな名物や名所もできている。

東京都の東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、【2020年。東京と東北で会いましょう】と題し、映像を制作した。本編の音声は日本語・英語 字幕/日本語・英語・フランス語・ポルトガル語。各県版の音声/日本語 字幕/日本語で製作された。出演者は、ソフトボール選手・上野由岐子選手、車いすテニス・国枝慎吾選手のほか、岩手県・宮城県・福島県の方々。

又、スポーツの力で被災地に元気が届く様「1000㎞縦断リレー」や「スポーツ綱領」などの事業を行っている。日本だけでなく世界中の多くの人々が東北を訪れるきっかけになればとの思いからだ。

被災地出身、ゆかりのある有名人など、自らの身銭を切って復興支援を続けている人もいる。

名声を利用して(売名行為)と陰口をたたかれても今なお支援を続けているのは、【売名行為】などというちっぽけな思いではなく、心ある支援なのだろうと素直に受け止めたい。

2018.03.02
LPガス プロパンガス 料金 防災

実は環境にも良いプロパンガスの基礎知識!

温室効果ガスが原因で地球の気温が上昇し、様々な問題が起こることを地球温暖化問題と言います。気温が上昇し続けると、地球全体の気候が変わっていきます。砂漠化が広がったり、海面が上昇したり、感染症が増加したりという深刻な問題が起こり得るのです。   気温が上昇する原因の温室効果ガスの主成分は二酸化炭素ですが、LPガス(プロパンガス)は化石燃料の中でも二酸化炭素の排出量が少ないので、温室効果ガスの増加を防ぐことができます。   酸性雨問題とプロパンガス すでに日本では酸性雨が降っていることをご存じでしょうか。遠い未来の話だと思っていたことが現実に起きています。酸性雨の酸性度はphが低いほど強く、ph5.6が基準となり、それより低い数値が酸性雨として認定されます。 日本では全国平均ph4.7を記録しており、銅像が劣化しやすくなっているなどの現象も確認されているのです。   酸性雨には、窒素酸化物(NOx)と硫黄酸化物(SOx)が気体や粒子になって含まれています。酸性雨を防ぐには、この物質を排出させないことがポイントです。   LPガスは、窒素酸化物(NOx)と硫黄酸化物(SOx)がほとんど発生しないので、工場や車のエネルギーとしても広く活用されています。   オゾン層破壊問題とプロパンガス オゾン層は、太陽からの有害物質を防ぐ役割がありますが、このオゾン層が破壊されつつあるのです。オゾン層が破壊されると紫外線が直接当たります。この影響で、皮膚ガン・白内障・失明などの身体的被害が多くなり、ウィルス性の病気も蔓延する恐れがあるのです。   オゾン層を破壊してしまうのは、フロンガスという物質です。すでに国際規模でフロンガスの使用に規制が入っています。LPガスはフロンガスに代わってスプレーなどの製品に使われているのです。

  1. 1